苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をSHERCO TY125、BETA RR4T 125LCで楽しんでいます。乗れない時などたまに料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

エンドレスレイン⁉️ でも近場があるさ  7/24 西宮

せっかくの4連休、こんな天気になろうとは誰が予想していたことでしょう。
それに本当だったら昨日の23日にオリンピックの開会式があり、日本中が盛り上がっていたことなのにね。
オフローダー仲間はこの連休を夏休み第一陣として、ラリーなどのイベントや遠征ツーリングを計画していた人が多かったようですが、宿やフェリーを予約していた人はこの天候でも強行しているようですね。
かくいう私は岡山・四国からの遠征組のアテンドも兼ねて、我がグループであるジャンキーズのツーリングを計画していましたが、やむなくキャンセルとなりました。
だって雨は嫌いだもんね!

そこで朝起きてから雨雲レーダーを睨めっこをしていると、なんとか昼までは持ちそうな雰囲気。
急いで着替えて家から10分の練習場に行ってきました。


ここはオールドファンなら誰でもご存知な某有名温泉近くのゾーンです。
こんなふうに場所や地名をぼやかすのはけっして好きではないのですが、なにせ長い間ガッチリと封鎖されていたのが、先日ふと前を通った時に見るとその厳重なゲートが撤去されていて入れるようになっていたのです。
しかし一切の表示が無く所有者が国や県なのか、個人や法人の民間なのかがはっきりとしないことと、市街地から非常に近いため、様々な懸念がぬぐい切れないのでこんな書き方にしておきます。


まるで映画のロケ地のような山間の荒涼としたような雰囲気ですが、なんでも花崗岩の風化した地質だそうで、基本的にはザクザクしたサンド質です。
水捌けが良いので、小さな沢が流れている他に水溜りもほとんどありません、

大きく分けると二段になっていて、上段に行くにはこのV字を登るか・・


このステアを登るか・・

はたまたこのどこかのラインをクリアーするしかないようです。
腕に覚えのある方ならばワクワクしてくるような場面でしょうが、私にはちとハードルが高すぎます。

ふと気になったのはこの部分。

まるで磯のカメノテのように、周囲と違う岩が残って露出しています。
地質学には全く縁がありませんが、こんな物を見るといろいろ興味が湧いてきますね。

奥の方にはかなり年季の入った放置(?)車両が。
他にもいくつかペットボトルのポイ捨てがありましたが、またこんなことが酷くなれば再封鎖となってしまうでしょう。
偉そうなことを言うつもりはありませんが、お互い気をつけて遊びましょうね。

時にはこんな方々も来られているようです。
よく見る光景ですが、ジムニーの潜在能力ってスゴイですねえ!
(画像は彦星さんのFBより拝借)


もともとSHERCOはシーズン中は未踏林道の探索用として、冬場は基礎トレを兼ねてトライアルごっこに使おうと思っていたものです。
その後者のために買ったトライアルウエアを初めて着ましたが、こりゃあ着心地が良いぞ!
軽いジェットヘルも楽でいいなあ。
これならばこれを林道ツーリングに使うのも大いにアリだな。


さて、残りの連休は少しでも晴れ間があるのでしょうか?
ダメならまた、普段にはできないような料理でもして楽しみましょう。




×

非ログインユーザーとして返信する