苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をオフロードバイクで楽しんでいます。乗れない時など、時どき料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

扇ノ山スプラッシュ!ウイズ・オールドニューカマー! 5/15 因幡・但馬

天気予報も良さそうな平日の水曜日。
私の休みに合わせて、えろ爽やかにいこう🎵さん=ナッチャンからのお誘いがありました。
曰く「扇ノ山でスプラッシュを浴びたい!」とのこと・・・
何でも彼は泥だらけにならなければ、オフロードライダーとして真の満足感が得られない体質らしいです・・・


そしてタイミング良く、前日にいつもツイッターやブログにとてもユニークなメッセージ、コメントを下さっている西明石のジュン坊さんが初の参加表明!
一度もお会いしたことがなかったのですが、年齢はかなりお近いらしく、何度もお誘いしていたのが叶いました。

道の駅若桜にて9時集合。
後で知ったのですが、ジュン坊さんは4時半起きで、すでに肩慣らしに近くの林道を一本走って来られたそうです。
改めてお互いの自己紹介をすると、ジュン坊さんの方が2歳年上とのこと。
体育会系の私にとっては2学年上のセンパイとなると神様同然!
これは持てる力と知識を駆使して、精一杯アテンドをしなければならない気持ちになります。

もうすぐ開通する482号線舂米(つくよね)から最初の一本。


余談ですが、この482号線に沿って流れる矢田川には昔、荷台に車を積んだまま河原に転落した積載車があるそうで、最新の情報でも砂に半分以上埋もれながらもまだ存在しているそうです。


戸倉方面の景色が美しい!

ここはナッチャンに先頭を任せて、気のすむまでスプラッシュを上げて走ってもらいました。
私はしんがりでジュン坊さんの後ろに付きましたが、さすがベテランの安定した走りです!

分岐でしばしおしゃべりタイム。
ジュン坊さん、何でもお若い頃には音楽に打ち込んでおられたそうで、今でも定期的にセッションなどを行なっておられるそうです。
ブルースギターをお得意とされているそうですが、そういったひとつの事にとことん精通されている方とのお話はやはり楽しいものです。

扇ノ山林道から河合谷林道(舗装)で「峠の見晴らし広場・展望台」。
う〜む、もう少し霞んでいなければ鳥取砂丘方向の日本海がはっきりと見られるのですが・・。
ソロで来るときはすっきりと晴れていることが多いのに、なぜか複数で来るときにはそうなりません。
私って晴れ男だったのか?

一旦来た道を引き返して、八頭ふるさとの森公園からさらに南下して、37号線で山志谷からの絶景林道No.2。
ここまで来たならNo.1にも行くっきゃないと37号線を岩見方面に向かいますが、途中で無念の作業中通行止め!
昨年までは簡単なバリケードで封鎖されていた(何でそうするのか分からないくらいの小規模な損傷で)のですが、本年度の工事予算が付いたのでしょうか?
ならばということで、姫路(鳥取の)からもう一度河合谷林道に入りあの高原を目指します。
ただここからのリエゾンがとても長く、途中で頭の中はしくじったかな〜という思いが広がってきました。
しか〜し・・・

実はここに来ようと思ったのはこれで3回目なのですが、最初にソロで来た時は明け方まで降った雨のせいで路面がチュルチュルで断念!
二度目はグループで来たのですが、他のハイカーさんなどが大勢いらしていたのでまた断念!
そしてついに三度目の正直で登ることができました!・・・・な〜んて言いますが、実はダートはほんのわずかな区間で呆気ないほどです。


しかししかし!
やっぱり来てよかったなぁ〜!!
360度のパノラマが広がり、この画像の右前方には、これから走る中辻肥前畑林道が良く見えます。
手前の草原部分は放牧場で、夏は立派で美しい黒毛和牛が育てられています。

(昨年の8月に撮影)
今はまだススキも枯れたままですが、これからの新緑の季節はさらに素晴らしくなるでしょう。

景色を眺めながら昼飯を摂り、9号線から草太林道をサラッと走り、中辻肥前畑林道に入ります。


まだ夏草が伸びる直前のこの時期。
以前来た時は路面が全く見えない状態だった中辻林道を少しだけ覗いてみました。
広場から下りるとすぐに分岐があり、右へ進むルートは四輪のタイヤ痕もありました。
ということは、おそらく中辻の集落から上がって来ることができるのはまず間違い無いでしょう。
左に行くと、とても素晴らしい広葉樹のトンネル(冒頭の画像)があり、その先で沢の崩落があって断念しました。
しかしトラ車ならば十分楽しめそうなルートで、もしかするともう一本の支線である塩山中辻林道にも繋がっているのでは?という希望も持てました。


すかさずボスに報告しておきましたが、現在お怪我から療養中。



興味を持っていただけたようですが、さてどちらが先陣を切るか!?

改めて中辻肥前畑林道本線。
この林道はダイナミックで大好きです!
個人的には反対側の瀞川氷ノ山林道よりも、こちら側の方が秘境感があり、路面も変化があって走り応えもあると思っています。
さらにまず滅多に地元民も含めて、他の方に会わないのも高得点です。

そしてここから畑ケ平林道(舗装)区間は有名無名、大小の滝の連続で、マイナスイオンたっぷりなエリア。

最後は扇ノ山林道から本日最初の林道に反対側からもう一度エントリーします。
ナッチャンはトランポで来ているので、ループのコースで出発点に帰ります。
往復でこの林道を走るのは初めての事ですが、この楽しく素晴らしい区間は、逆側から走ればまた違った良さが発見できます。
ただ情報を一つ加えるのならば、崩落地点に重機が置かれていたので、もうすぐ修復工事が始まるようです。
そうなるとそこを通してもらえるかどうかは甚だ疑問です。

それにしてもとりわけ、ブナの新緑が眼に眩しいほどです。

たっぷりと水を含んだ区間も多いですが、こんな乾いたフカフカで優しい部分もあります。

アトラクションはこのくらい。
今日は3人ともポテゴケ程度で、トラブルも忘れ物もなく平穏無事な1日でした。
センパイにも喜んでもらえたようで嬉しいですし、何よりナッチャンやジュン坊さんのおかげでテンポ良く走れた楽しい1日でした。
ジュン坊さん、これからもどうぞよろしくお願いします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。