苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をオフロードバイクで楽しんでいます。乗れない時など、時どき料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

歴史を探る、その二 からの追突事故に遭う!! 2/17 三田・篠山


このブログを始めて1年半、いろいろな事がありました。
私なりの考えもあって、このようなスタイルで書いているとご意見やご注意をいただくこともたまにあります。
しかし、こんな楽しみ方に賛同いただいて同行を希望されたり、「同じルートに行ってきましたよ!楽しかった!」などとの嬉しいコメントもいただけるようになりました。
そして先日にはこんなコメントが・・・


「はじめまして、横槍で失礼します。
ご存知かも知れませんが、「愛のコリーダ」〜阿部定が最後に勤めた遊郭、大正楼も篠山市に有りますが、建物の老巧化で今月取壊し予定です。
いつも楽しく拝見してます。ぜひ、鬼の架け橋もお寄り下さい。」


 ななな、なんですとー‼️
大島渚監督の名作「愛のコリーダ」が封切られたのは1976年、私がハタチの頃であり、翌年某国で完全ノーカット版を観たのは忘れられない思い出です。
1936年(昭和11年)猟奇事件の犯人として世間を騒がせた阿部定ですが、その生い立ちや事件に至るまでの経緯を調べると、決してその罪を単純には非難できないと思っていました。


阿部定は最初は芸妓でしたが、18歳になるとすぐに娼妓として客を取るようになり、日本各地を転々とします。
横浜、富山、東京、信州と渡り歩いた後、大阪の飛田遊郭、名古屋の中村遊郭、再び大阪の松島遊郭に移り、そして娼妓として最後の生活を送った地が、ここ京口新地の大正楼だったそうです。

その場所は意外にも、これまで何度も前を通っていた所でした。
コーナン篠山店の道を隔てた向かい側の一角です。

壁の一部は崩れかけたりしていますが、こんな装飾を兼ねた明かり取り窓。

玄関の上部には家紋。

脇にはリヤカーがありますが、これも80年前ほど経っているのでしょうか?

入り口の中は見えませんが、横の窓が1枚だけ割れて中を覗くと風呂場になっていましたが、これは当時のものではなさそうです。


格子戸が残る側面と傾いた石柱。

裏側はもう限界に近く崩れそうです。

措置の期限は切れていますね。
やはり取り壊しは近々執行されるのでしょう。

さらに3件隣にはこんな様式の館が・・・

前面はアルミサッシに交換されていますが、側面の窓は当時のままで風情があります。

こちらは玄関の中が覗けます。
そこはまさに時間が止まった世界・・・
客が来れば階段から遊女が降りてきて迎えてくれたのか?
ステンドグラスにオペラカーテン、福助の看板がたまらなくレトロです。

それ以外にも当時を偲ぶ建物が数軒。

昭和初期の雰囲気がそのまま残っています。
そして中には今も住んでいらっしゃる家もあります。


詳しくは「京口新地」で検索をすれば、幾つものサイトがヒットします。
興味がある方はそちらをどうぞ。
そして貴重な歴史の一端をご自分の目で確かめたい方はお早めに。


コメントを頂いたささトリさん、本当にありがとうございました。
とても貴重な体験ができました。


さてさて、実を言えば今日のプランは・・・


八上城跡の探訪登山→遊郭探訪→篠山川河原で地味練→三田で昼メシ→早めに帰宅・・のはずでした。

しかし最初に三田から篠山に向かう途中からミゾレが降ってきたので、遊郭を最初にして、その後に登山をしようかと変更したのですが天気は悪化するばかり。

一旦諦めて、早めの食事にすることにしました。


ここは相野駅近くにある有名精肉店の駐車場で土日のみ営業のいわば屋台。
駐車場のガレージ内にベンチを置いた10席ほどのスペースです。
週替わりでメニュー(3種類ほど)が変わるそうですが、先日前を通ってその存在を初めて知りました。

今日のメニューはホルモン焼きうどん、ホルモン汁、そして牛肉ジャンボ串です!
汁はもちろん作りおきですが、肉やうどんはオーダーが入ってから調理してくれます。

ホルモン汁・・・う、う、美味い!
こんな美味いホルモンは食べたことありません!!
硬いガムを噛むようなものとは違い、柔らかくとろけるようで臭みも一切ありません。
スープは野菜の甘みとマッチして染み透るような味わいです。

そしてこの牛串!1本100gほどだそうで、部位はバラやロースなど切り落しなどを使っているそうですが絶品、さすが三田牛です!
ピリ辛のタレもよく合いますが、シンプルに塩胡椒で食べてみたい気もします。
ホルモン汁はなんと300円!牛串は500円!で、あまりの美味しさにお代わりしました。
はい、このためにこの数日間仕事中のランチは節約してました。

それもそのはず、こちらを経営しているのは高級三田牛を販売している人気店です。
神戸ビーフは世界的に有名ですが、そのルーツは同じ兵庫県但馬地方です。
三田(さんだ)市は神戸の北側に位置する里山とニュータウンが混在するエリアで、他にも三田屋総本店や山垣畜産など、多くの人気精肉店があり、牧場や牛舎もあちこちに点在します。

店内はこんな様子。
ショーケースの中のものを選び、注文表に自分で欲しいものを記入するという方式です。

道を隔てた向かい側には、直営のステーキレストランがあります。
もちろんこちらはそれなりのお値段です。


せっかくなので、ついでに近くのオススメのお店を2軒を紹介します。
こちらは篠山ではイチオシの手打ち蕎麦屋。
蕎麦だけでなく、鴨肉の料理が最高に美味しいんです!

古民家の蕎麦屋の隣に、輸入住宅風のピッツァ店。


などと寄り道をしていたら青空が広がってきました!


これはチャンスと思い、デカンショ街道を東に向かい、やっぱり山城を見に行こうと走っていると、古市のローソン前で・・・後ろからドカン!


右カーブの出口付近にローソンの駐車場出入り口があり、2台前の車が入ろうとして停まりました。
そのあとに続いてこちらも停止すると、後ろから車が異常に接近する気配とともにスキッド音がしてミラーを見た瞬間にぶつけられ、直前の車に押し出されるようにぶつかって右側に転倒!
幸いにリアタイヤに当てられたためか、ショックはかなり吸収されました。
とっさにブレーキを緩めて衝撃を逃したのも良かったのかもしれません。


バイクに乗り始めてウン10年なりますが、他車との接触事故は初めてです。
オフローダーですからお山の中での転倒は日常茶飯事ですが、一般道では単独の転倒が4回あるだけでした。

主な損傷はこの程度で、フロント周りを前の車に当てているのが少し心配ですが、
とりあえずそこからの帰路途中で異常は感じられませんでした。
(前の車はこちらのフロントフォークが当たり、バンパー、テールゲート、クォーターパネルと損傷していたのでざっと40万くらいでしょう)


身体は衝突の時の衝撃と転倒した際の軽い打ち身。
背中や腰に少し痛みや張りが残る程度ですが、念の為、明日にでも検査は受けておきます。


とまあ予定とは異なり、せっかくの休みの半分を潰されてしまいました。


しかーし楽天家の私は決してメゲたりはしませんよ〜!
災い転じて福と為す・・そして「禍福はあざなえる縄のごとし」は座右の銘であります。


誰ですか・・・「焼け太り」・・・なんておっしゃっているのは?



バイク(オフロード)ランキング


爆睡中です



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。