苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道あれこれ

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

再訪、美作の国は絶叫の連続!? 11/12 贅沢ってなに?

先々週の水曜日に訪れた岡山県北東部、鏡野町周辺があまりにも素晴らしく、本妻(?)である但馬を裏切って浮気に走りました。
冷え込みが厳しくなってきた朝、中国道を西に走っていると 1台のXR250が先行していました。
もしやと思いながら、ややペースが違ったのでさりげなく追い抜きがてら横目で見ますが、タンクが赤に見えたのでかめはめはさんではないよな〜っと思っていたのですが、後でブログを読むとご本人でありますた、失礼しました〜!
これで2回目のタモ入れミスです。(釣り人用語です)


さて津山ICで降りてr53〜r6〜r75と進み越畑のたたら記念館をめざします。
到着すると・・・

これが昔の製鉄所を再現したものです。
これも趣があるのですが、さらに素晴らしいのはその周辺の公園。

あたり一面がモミジだらけです!
事前には知らなかったので思わず「お〜っ!」っと叫んでしまうほど。
ここは穴場ですね〜、近くの奥見温泉は有名で多くの人が訪れるそうですが、こちらにはほとんど人がいませんでした。


そして舗装林道の美作北線をその奥津温泉方面に向かいます。
美しい紅葉のワインディングを走ると左側に泉山登山口が現れます。

ここは事前調査では5km程のピストンとなっています。

しばらく進むと登山口があり・・

「うわ〜!」
すばらしいパノラミックな風景です!
ほぼ尾根に近い山肌を緩やかに登って行く、ちょうど粟鹿山林道のようなタイプのスカイライン林道です。
路面もほぼフラットなダブルトラック。
途中軽トラも入っていたので無理は禁物ですが、その気になればかなり気持ち良く走れます。

青い空があればもっともっと良かったでしょうが、それでもここの雰囲気は最高で、1本目でありながら結構お腹いっぱいの気分です。
往復10kmほどを堪能して次の目的地に向かいます。

先ほどのたたら記念館まで戻り、r75を少し北上するとこの分岐があり、加茂町倉見・角ヶ仙登山口方面に向かいます。

山燃ゆる秋・・最高であります。
萌え~は春ですね。



さて前回特に気になったのはこの先の倉見〜遠藤地区にかけて次々に現れる林道入り口。
今日は反対方向からエントリーしていきます。
まずは庄見地区の端にあるこの入り口。

何度も事前調査を重ねましたが、このルートで「巨木の森づくりモデル林」を貫く火方林道が倉見の北側に続いているはずです。
進んで行くと・・

「うひゃ〜!、きもちいい!」

三叉路右はダメでした。
左に行くと・・

妖精が住む森とはこんなところ・・・?

あ〜、人工的な公園などではなくこの自然そのものの感じが最高です!幻想的です!
ややガレた部分もありましたが、概ね路面も良好で、先日の台風の被害も見当たりません。
しかしこの先でススキが路面を完全に覆い尽くすようになり無念の撤退。
ただこんなルートだと引き返すのも楽しく思えるから不思議です。


倉見温泉を抜けて反対側の入り口から再進入してみます。

しばらく進むと三叉路があります。

右手は高校の演習林となっていて、がっちりとチェーンロックされています。
左手には先ほど撤退したところの「地点B」の案内があるので、やはりこの道と繋がっているのは間違いがなかったようです。


あっ、やっぱりこれは先ほどの道の続きに間違いありません。
もう少し強引に進めば抜けられたということになります、クヤシ〜!
春先ならばその気になっていたかもしれませんが、達成感に欠けますわ~。


そしてこの先、越畑まで2本の林道に入って見ましたがどちらも撤退。

1本目は旧道ですぐに道が消えていましたが、ランチタイムは美しい渓流を眺めながら・・

もう1本は根知遠藤林道支線で5kmほどをかなり楽しめましたが・・

「そういえば今日は倒木がまだ1本もないな〜」っと思っていたところに現れました。
自転車業界ではパンクの神様の存在というのが広く信じられていまして「オレ最近パンクしてへんな〜」っと思っていると神様が怒り、パンクの憂き目に遭うというものです。
まさか林道業界に倒木の神様がいらっしゃるとは・・・
ま、こんな太さなのでササッと処理して進みますが、残念ながらその直ぐ先で法面崩落。
もうちょっとで抜けられる、イイ林道だったんですが。


気を取り直し最後の目的地、恩原高原へ向かいます。

ようやく青空が雲の合間から・・遅いっちゅうの!
先日入らなかった林道が、高山長さんの情報ではすごく良いとのことで行ってみると・・

堅く引き締まったナイスバディ・・ではなくロード。
これは林道店長さん向けか!?

一部路肩崩落もありましたが、ここ舗装だったっけ?と思うほど。

まるで天空に向かうカタパルトのようです!
トータル5km弱だったでしょうか?ループ状になっていて、入り口近くのスキー場に戻ります。
そして本日のハイライトは・・・

「すっげー!!!」っと今日3回目の絶叫です。


腕が悪いので曇り空の下ではこの美しさが上手に表現できていませんが、この場所は本当に最高でした!(場所をお知りになりたい方は直接お問い合わせください)


前回はアフリカツインだったのでさほど疲れませんでしたが、やはり250では長いリエゾン高速区間は疲れます。
でもこんな風景を見るために早起きをして、寒いなかはるばるやってきた甲斐がありました。
ここまで独りで黙々と走り続けてきましたが、こんな風景を独り占めしている贅沢は何ものにも代え難いものです。


但馬の紅葉もとても気になるんですよねぇ・・・
愛する小代地区はまだ間に合うか?
次の水曜日も乗れたらなぁ〜、しかし予報が。


R428から鳥取道用瀬ICに進み、中国道で帰路へ。
本日の走行 435km

しぇ~のポーズは甘えん坊そっちゃん

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。