苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をSHERCO TY125、BETA RR4T 125LCで楽しんでいます。乗れない時などたまに料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

眩いほどの美しき紅葉と渓流、そして・・・ 11/6  岡山 後編

前編からの続き・・・


さて、大満足のソフトクリームの後味を楽しみながら、次の目的地であるむぎこさんお気に入りの白賀渓谷に連れて行ってもらいます。

こちらは三大河川のもうひとつ、旭川の源流です。
とてもとても美しい渓流沿いにフラットダートが伸びています。

いや〜気持ち良い場所です!

岡山は市街地でも良い川が多いなあと思っていましたが、その源流付近はさらに素晴らしいです。

3kmほど進むと・・・

ゲートで行き止まり?

いえ、その先にもまだ道は伸びていますが、今回はおあずけです。

手前にも支線がありましたが、前述のYさんによればこのエリアなかなか面白いとのこと。
これは再訪して探る価値が大ですね〜。

木漏れ日浴びる風景を楽しみながら少し引き返し、丸太ベンチの場所で今日のハイライト。

その脇には、珍しい一枚岩の川底の美しい流れ。

夏に来れば裸足になって涼むのに最高でしょう。

そしてよくむぎこさんがブログで楽しんでいるのを見ていた、ホットサンド・ランチパーティーの始まりです!

バウルー(パニーニプレスとも言いますね)にパンを乗せ、ベーコンとコールスロー、そこにマヨネーズ。
上からもう一枚のパンを載せると、親の仇を取るようにギュッと挟みます。
こんなに沢山載せて大丈夫なの?って心配になりますが、それくらいの方が美味しいそうです。

弱火で表裏3分くらい焼けば出来上がり。

手際良くアーミーナイフで切り分けてもらいました。
むぎこさんのテールバッグから色々出てくるのはまるで手品のようで、かなりのキャンプ・アウトドアの練達者であることは間違いなしです。

二組目は明太子ポテサラでピリッと辛口。
三組目はチョコバナナで甘〜く締めくくってくれました。
正直チョコバナナのホットサンドってどうなんって思うところもあったのですが、予想を遥かに上回る美味しさでした。
独り身の私としては、久しぶりにプロ以外の人に作ってもらった料理は、自然の中での雰囲気も相まって200%の満足度でした。
いつか僕の手料理でお返しをするので待っててね!

見晴らしの良いワインディングを経て、奥津温泉から再び越畑経由で次の場所へ。

途中、角ヶ仙が近づきその美しい姿も堪能できました。

そして案内したのは、この春に遂に全線解明した火方林道。

完抜けもできることが分かったのですが、今日は途中のお気に入りのポイントまで。

お二人とも恩原には度々来られているので、林道のバリエーションが増えればなと思い案内しました。

ここのもみじ(カエデ?)は越畑よりも繊細で小ぶりですが、紅く染まると独特の美しさがあるのです。
ここもベストになるのはあと一週間ほど先でしょう。

                       2018.11/11 撮影


残念ながら、ここでおふたりはそれぞれのご都合で帰路へと別れます。
時刻は3時半、今から帰れば6時過ぎには家に着くので少し悩みましたが、やっぱりあの場所は外せないでしょう!
ということで・・・

そこから約30分。
山間部ではすでに陽が傾いてきているので大丈夫かなと思いましたが、この日は最後まで雲ひとつ無い最高の青空!
太陽はまだこの最高の景色を照らしてくれていました。

恩原高原の秋はもみじは少ないので赤茶か黄色ですが、この高度でこのスケール感はあまり他では類を見ないほど。
右上には半月がすでに昇っています。

影が長〜く伸びてきました。

北側のヒルも草に覆われていた時は苦労しましたが、今はすっかりときれいに刈り取られています。


半時間ほど独りで風景を楽しみ、時刻は四時半を過ぎました。

夕陽にススキがキラキラと輝いています。
美しく、楽しく、そしてとびっきりの美味しいランチとデザートを満喫した1日でした。
多くのオフローダーの皆さんは、最後は思いきり走り切ることが満足感に繋がるでしょうが、私のスタイルはこうして美しい風景を胸に刻んで締めくくりとします。

帰路は走り出してすぐに真っ暗になりましたが、7時を回って家に着いた時もほとんど疲労を感じないほど。
身体は疲れているはずですが、心地よい高揚感に包まれてか、なかなか眠りにつくことができないほどでした。


以下の画像はむぎこさん撮影のもの。
むぎこさん、YUKAさん、今日も本当にありがとう❗️

FIN


昨年の記事はこちら ↓



同行者 むぎこさんのブログはこちら ↓


眩いほどの美しき紅葉と渓流、そして・・・ 11/6  岡山 前編


2年前、偶然訪れた岡山県鏡野町にある越畑ふるさと村。
広さは全体でサッカー場くらいですが、そこには驚きの風景が広がっていました。
最初の時は天気は曇りがちでやや時期が遅かったのですが、それでもその美しさには感動し、昨年に訪れた時は天気も紅葉のタイミングもぴったりでした。

毎年そこでは11月の第一週の日曜日にもみじ祭りが催されるので、そのあとの平日狙いでこの日に決定。
しかし、数日前にレディースメンバーのむぎこさんが近くの奥津峡を訪れた際には、紅葉の進み方はまだまだということで不安も残ります。
それでも予報では前々日から冷え込みも厳しくなり、当日の天気は終日晴れということでGO!としました。
他のメンバーとは9時半の待ち合わせですが、自宅を暗いうちに早めに出て、先に思う存分に写真を撮ろうという算段です。


ところで今回はこんなプランを利用しました。

自宅最寄りのICから院庄ICまで走ると平日料金は2840円。
なんとほぼ片道で元が取れました!
これなら明日もう一日仕事をサボって走り回りたくなりましたが、残念ながらそうは行きませーん。

距離にして約170kmを走り、目的地手前の香々美ダムに到着です。
遠いと思われる方も多いかと思いますが、時間的には3時間弱であの絶景が見られるのならばまるで苦になりません。

見えてきましたよ〜!

鏡野町の北部に位置し、周囲を1,000m級の山に囲まれた土地で、標高600mの場所へ位置します。
公園内にはたたら製鉄の記念館と茅葺き古民家もあります。

たたら記念館の内部。

そしてその横にもみじの林があり、真ん中を小径が通っているのです。

陽当たりの良い場所の木は色付きが進んでいますが、中程の木々はまだ緑の葉をしたためています。

ここからは「これでもかっ!」ていうほど同じようが画像を並べますが、あくまで自分のための想い出の記録としてなのでお許しください。






帰ってからPCに読み込ませると、この日は全部で1000枚近くの写真を撮っていました。
同じ場所でも微妙に角度や遠近を変えるのでそうなるのですが、デジタルですからどんどん撮ってもコストを気にせず、その中から気に入ったものを選べます。


少し贅沢を言えば、林の中心付近では360度紅い空間に包まれて、心が痺れるような美しさを感じられるのですが、やはり今年はかなり遅れているようでした。
それでもこれはこれで、紅、黄、緑のコントラストが眩いばかりです。

1時間ほど存分に楽しんだ頃、YUKAさんが到着し、すぐ後にはむぎこさんも合流しました。
なんでもYUKAさんが通過してきた戸倉峠の気温計ではマイナス2度を示していたそうです!
「壊れているかと思った」と言っていましたが、いえいえあそこは兵庫県の国道沿いでは最も寒い場所なので間違いはないでしょう。

むぎこさんは地元岡山在住ながら、この場所は初めてとのこと。
撮影に良さそうなポイントを案内しながら楽しんでもらいます。






メンバー合流からさらに1時間以上楽しんでFacebookに投稿すると、最近お友達になっていただいたYさんから、「その近くにいい場所がありますよ」とのコメントをいただきました。

それならばということで、美しく山全体が紅葉している角ヶ仙に向かって少し北上します。

舗装路からダートの変わるとすぐに・・・

道の脇の少し先に美しい淵があるということで・・・

ワオ!、こじんまりとしていますが自然そのままで苔が美しい!!
確かに滝と言えるほどのスケールではありませんが、この淵は2.5mほどの深さがあるそうです。

さらに脇を上流に進むと・・・

一般的には「越畑の滝」と呼ばれることが多いそうですが「蘭頭原(らんとうばら)の滝」というのが正しい名称だそうです。
岡山県三大河川のひとつ吉井川の支流で、落差は5m程度ですが澄み切った水と周囲の緑との調和が素晴らしい甌穴の滝でした。
もう少し近づきたかったのですが、オフブーツではこれが限界。

崖の上からでは、木々の間から眺めることができました。

こちらの画像はむぎこさんが望遠レンズの一眼レフで撮ったものです。


距離的には林道から僅かながらも、今朝の冷え込みに備えてみんな厚着をしてきているので汗びっしょり!
お昼ご飯前ですが、予定を早めてある場所にむぎこさんに案内をしてもらいます。

国道179号線に戻ると、テレビなどのCMでもお馴染みの山田養蜂場の本社や施設がこの近くにあちこち点在しています。
こちらはその中でも一番新しい物販とカフェのあるお店。

試食コーナーでいろんな蜂蜜(パクチーやら蕎麦まで様々)をじっくりと楽しみ、一度味わって見たかったハチミツソフトを揃ってオーダー!
ソフトクリームは子供の頃からの大好物、むちゃくちゃ美味かった〜!!


後編に続く・・・・


昨年の記事はこちら ↓


同行者むぎこさんのブログはこちら ↓



絶景林道ジャンキーズ 氷ノ山・扇ノ山紅葉ツーリング 11/3 但馬

クリックしてください ↓



今日は久しぶりのメンズグループ・ツーリング。

天気予報は午前中は晴れですが、この時期の丹波地方の朝は高い確率で濃霧に包まれます。
途中の朝来にある雲海に浮かぶ竹田城が、きっと素晴らしい風景だったことでしょう。

画像は高山長さんのブログから拝借。



集合場所の手前のコンビニでバッタリと3ヶ月ぶりくらいにお会いできました。
残念ながら、今月末くらいまではグループツーリングを控えておられるので、ひとしきり愛を語らい、最後は熱くお互いをまさぐり合いながらハグをしてお別れしました。
このヒトの味わい深さは、底知れないもの?があります。


さてタイトルの”絶景林道ジャンキーズ”とは SNS繋がりで知り合った方がメインのグループです。
今日のこれもオフ会ってヤツなんすかね?
そういう言い方は決して好きではないのですが。

これまでの常連メンバーに加えて、今日は多彩な方々が新規で参加をしてくれました。
このグループでは珍しく、合計10台の内レーサーも3台!

最初は村岡の鹿田・釜谷林道からスタート。

さほど距離は長くはないですが、ここの雰囲気は大好きで外せません。

拙宅苦楽園別荘付近のススキもいい感じです。

一旦9号線に戻り、コンビニでストップするとお二人のオフローダーが先におられましたが、なんとそのうちのお一人は関西では知る人ぞ知る大ベテランtoo boiled さんとな!
光栄なことに拙ブログも読んでいただいているとのことで、LINEを交換させていただきました。
オフロード業界は本当に不思議なほど、どこかで繋がっています。

ケビ岡を抜けて、牧場公園の横から中辻肥前畑林道へと進みます。
こちらは謎の人物?たかさん。

林道入り口までは私が先導しますが、その先は速い人に好きなようにかっ飛んでもらうスタイルで、自分は最後尾をトコトコ写真を撮りながら走ります。

途中の休憩ポイントで・・・

出ました!カオナシさんです!!
もしも何も知らずにこんな人がこんな場所に突然現れたなら、きっと腰を抜かすほど驚くでしょう。
ところで先週末には一部が川のように水が溢れ、中には引き返した方もおられたようですが、この日はすっかりと水は引いていました。
それでも知る人ぞ知るガレ場の先で、W650に乗ったソロライダーとすれ違ったのには驚きです。
たま〜にいるんですよねぇ・・・、見るからに◯◯な感じだったので、敢えて声もかけませんでしたが、さてどうなったことやら。

扇ノ山周辺は前回のレディースで10日ほど前にも訪れていますが、その頃よりもかなり紅葉は進んでいました。

畑ヶ平林道から扇ノ山林道へ。

昼前から青空が消えて雨雲も見え始めましたが、それでもこの時期の山々を走るのは、本当に贅沢な時間です。


482号線で小代に戻り、仏ノ尾林道を走ります。
ここの紅葉も見応えがありました!

定番の展望東屋で昼飯を摂り、カオナシさんがスマホを三脚にセット。

そういえば言い忘れていましたが、このグループのツーリングに参加された場合は顔出しは無条件でOKとみなしますので悪しからず。

とちのき村から野間林道で瀞川氷ノ山林道に駆け上がります。

ハチ高原から別宮を経由して東ハチへ登れば、お仲間のchiharuさんグループが先に来られていました。
実はその前にもすれ違っていたのですが、やっぱり最後はここに集合するカタチです。

残念ながら今日は霧がかかっていて、見晴らしは良くありませんでした。
今日はお友達のウイングショップ・エース店長さんも、この少し前にお店のお客さんグループで来られていたそうですが、初めての方にここ本来の絶景を見せてあげられなくて、さぞや残念だったことでしょう。


奥にあるヒルクライムにチャレンジするYさん。

解散前にバイクをきれいに並び直し、再びカオナシさんがカメラをセッティング。


chiharuさんグループも交えてパシャリ!
今日は特に大きなトラブルも無く、雨もほんの少しだけ降られただけなのでまだラッキーでした。
初参加、ベテランtm乗りのTさんも「楽しかったわ〜!」と言ってくれたのでこちらも嬉しくなります。
なんでしょうね〜、このトシになると他人に喜んでもらえることが自分自身の満足感に繋がりますね。


今月末頃から氷ノ山周辺は白い世界へと変貌していくので、グループ・ジャンキーズとしてのツーリングはこれが今年最後になるかもしれません。
ともあれ、本日ご参加のみなさんありがとうございました。
またぜひご一緒しましょう!


但馬がダメなら西播があるさ!  10/27  宍粟

 

今日も天気が良ければ但馬に行きたかったのですが、予報を見るとこのところのパターンで、北部に行くほど雲が多め・・。
全くこの秋は天気と休みが噛み合いません。

宍粟の予報は終日晴れなので、生野までひとっ走りして、まずは栃原宍粟線でスタート。
この道は町道だそうですが、リム打ちをしそうな岩があちこちに頭を出している、少々イヤラしい路面です。

でも途中からの景色はなかなかで、個人的には好きな部類です。

広葉樹林はうっすらと紅葉が始まったばかり。

秋の空ですね。

千町段ヶ峰林道(舗装)と交差して、西に進もうとしたのですが、昨年からの崩落地点で工事が始まっていて通れませんでした。

仕方なく429号線に進む途中、チラリと雲海が見えます。

反対側の福中から福中草木林道に入ります。

ここは舗装化が進み、ダートは残り2km程になってしまいました。

ボスお気に入りの橋の上からの眺めですが、ここの紅葉はまだ全く始まっていませんでした。

斜面は少し色付いているのですが・・・

ピストンで戻りますが、渓流沿いの美しい道であることには変わりありません。

429号線に戻り、また西に進みますが、そのまま波賀方向へ行くのは通行止め。
三方から阿舎利林道に入ります。
ここも昨年の大水害では甚大な被害を受け、いささか来るのを躊躇っていたのですが、1年半振りくらいに訪れます。

ハゲ山部分は興醒めですが、変化に飛んで走り応えのある林道です。

ここも紅葉は色付き初めといったところ。

ガレというようなものは無く、これで一番荒れている程度なので、クロスカブでも走れるでしょう。

29号線から429号線に戻り千種高原までワープ!

天児屋作業道群はこの春に解明したはずでしたが、すっかり忘れてウロウロ。

ひとしきり遊ぶのには楽しいエリアです。
どなたか走った跡がありましたが、こんなマニアックな所で珍しい。

429号線を戻り、斉木の鳥ヶ乢(とりがたわ)側から前地ケンカケの大崩落地点を見に行きました。

今日は工事も休みのようなので、ちょっと入らせてもらおうかと思いましたが、ガッチリと通せんぼされています。

工期は12/2までとなっていますが、さてその通りに完成するのでしょうか?
以前にも全線開通するはずが騙されましたから、これも眉唾ものですね。

8号線を東に進み、中坪から2号林道に入ります。

公園でおにぎりを頬張りひと休み。
ここは春は桜、秋はもう少しすれば紅葉が美しい場所です。

出ツ石線に進むと、あらビックリ!
先月来た時には荒れていた路面が舗装したかのように重機が入ってスーパーフラット化!!

峰山メイズ新線との合流地点にいざりとなったステップワゴンが・・
でもこれ、ちゃんと張り紙がしてあって「工事関係者保管車両」となっていました。
第一、ここまでステップワゴンで入ってこれた?
で、なぜ四輪ともホイールごと外したの???
いったいどーゆーことでしょう?

その先、牧場方面に抜けようと思っていたのですが、伐採作業中でアウト!
このエリアの伐採は物凄いペースで進んでいます。

峰山線に進み、峰山リゾート方面へ。

ここの広場はお気に入りです。

そこから砥峰高原へ向かう途中で、裏砥峰林道(自称)へと入ります。

裏側からのベストショットを狙いましたが、今日はあまりにも観光客が多くて断念。
さらに表側に回るとその混雑ぶりは驚くほどで、長谷から登ってくる39号線は車の列ができていて、駐車場待ちも2kmほど続いていました。
バイク置き場は別ですが、狭い道なのでバイクも追い抜くことができず、やむなく並んでいるしかありません。
朝イチで奥様サービスで訪れていたあにぃさんは大正解だったと思います。
それにしても10年ほど前はほとんど知られていなかったのが、今や一大観光地ですね。

帰りがけ、この前気になっていた松か井旧道からのダートを探りましたが、こちらはすぐに行き止まり・・・。

ススキマニアとしては、西陽を浴びた風景は見逃せません。


我が家に近づくと、あたりの路面はしっかりと濡れている!
へ〜え、通り雨でもあったのか?
ラッキーだったということか。


さ〜て、来週は久しぶりにメンズグループでの但馬ツーリング!
現在の週間予報では☀️☀️☀️、今度こそ頼むぜ〜‼️


M.Y.K水曜日に走ろう 第4回 扇ノ山周辺 10/23

M=むぎこさん、Y=YUKAさん、K=私、苦楽園の3人グループでのツーリングを久しぶりに楽しんできました。
なにせ2回天候が悪くキャンセルして、今回は3度目の正直です。
前回はkirinさんが遠方から参加してくれましたが、今回むぎこさんのお友達のkayo
さんが参加予定でありながら、前日に発熱されたとのことでキャンセル。
水曜日はYUKAさんのご主人がお仕事なので、ベースのメンバー3人だけで走ります。
この日も天気予報は終日曇りのはずでしたが、養父ICで降りて大屋に行く手前から本降りの雨に降られてカッパを慌てて着込みます。
南部はスッキリと晴れていたのですが、ソロだったならば絶対に引き返していたレベルでした。
それでも戸倉峠を越えて、待ち合わせ場所の若桜の道の駅に着く頃には、雲の合間から微かに青空が!

まさにエンペラーウエザーかの、即位の礼の時の奇跡のような好天となってきました!!(大袈裟か)

37号線から直進し、八頭ふるさとの森公園の先の分岐から、河合谷林道(舗装)に進みます。

最初の絶景ポイント「風の広場展望台」からの日本海は惜しくも雲に隠れ、砂丘方向がチラリと見える程度。
それでも無料の望遠鏡からは千代川河口の一文字防波堤もはっきりと見えました。

振り返って扇ノ山方向を見れば、そろそろ紅葉の始まりが見えます。

やはりこの辺りは標高が高く、春は5月の末でも雪が残っているほどなので、紅葉前線も他よりも早く訪れています。

                                                                 Photographer mu_gi_coo

こちらはそのさらに先の「峠の見晴らし広場展望台」。
鳥取市街が晴れていれば見渡せますが、残念ながら今日は見られず。

ススキの見頃はあとわずかでしょうか。


広葉樹のブナなどはまだまだこれから。


水とふれあいの広場の分岐を右に進み、着いた場所は上山高原。



今日はちょっとだけ歩きましょう。

                                                                 Photographer mu_gi_coo


やや急な丸太階段を250m登り、三角点の展望台に上れば青空がさらに大きく広がりました!
普段の行いが良いからかな〜!?

ここも、もうちょっと雲が無ければ、日本海浜坂漁港がよく見えます。

なにやら紅い実があちこちになっています。

登りは250mで汗だくでしたが、下りは余裕のお二人。

                                                Photographer YUKA


ベンチで昼食を食べると、むぎこさんが野点珈琲を淹れてくれました。
ミルも持参で豆から挽いてくれるので、味も香りも抜群!


ここはススキ野原の間を走れるので大好きです。
もう少し紅葉が進めば、さらに美しい風景が楽しめるでしょう。

お腹も満たされ海上の集落に向けて降ります。
山村なのに「海上」って地名はこれいかに?ですが、ちゃんとその由来を調べると面白いです。

先に走ってもらってパシャリ!

109号線と合流して、中辻肥前畑林道に進むか、そのまま舗装路で霧ヶ滝方向に進むか散々悩んだ末に選んだのは後者。
それでも肥前畑側から少しだけ林道に入り、最初の滝へ。

このあたりは滝銀座と言えるくらい、大小の滝が無数にあります。

林道の方は先日来の雨でかなりウエットだったようで行かなくて正解。
もう一人メンズがいればサポートもできますが・・・。

舗装林道畑ヶ平を抜けて扇ノ山林道へ。
途中、WRに乗った方とすれ違いましたが、あとでツイッター繋がりの方だったと分かりました。
平日にこの辺りで他のオフローダーと出会うのは初めてでした。


今日はオン主体でダート林道はこの一本のみ。

東因幡との分岐点では、工事中のお知らせは無くなっていました。

YUKAさんのスタンディングもだいサマになってきましたね。

むぎこさん、流水ワダチで立ち往生もありましたが、今日はノー転倒。
前回はお愛嬌でしたね。

それにしても扇ノ山エリアはいつ来ても水たまりだらけ。
よほど水捌けの悪い地質なのでしょうか?

いつも素通りしていたふるさとの森公園に寄ってみました。
ブナの木立がとても美しい!

コテージ、キャンプサイトがあり、野鳥観察愛好家の人たちにも人気があり、フクロウの仲間も多く見ることができるそうです。
その愛好家のひとりであるむぎこさんは、さすがに鳴き声だけで鳥たちの名前を次々に当てて説明してくれます。


そして本日最後のアドベンチャー!

志谷に向かう途中の「大滝」へご案内。

入り口から距離は短いのですが、足もと悪く苦労してます・・・

見せたかったのはこの滝。
周囲の荘厳な木立と、滝壺が美しいこじんまりとした滝です。
以前訪れた時はルアーマンの方が見事にアマゴをキャッチされていました。

別な意味でハラハラもあり、歩きで登り下りもありの一日。
午後からはすっかりと曇ってしまったけれど、さて満足してもらえたかな?
明日は足腰筋肉痛かもしれませんね。


9号線に出たところでそれぞれ解散です、楽しかったな〜!

帰る途中に志倉道谷の入り口をチェックしましたが、崩落でまだダメなようですね。
エスケープルートを見つけて抜けたグループもいるそうですが、ソロではやめておいた方が良さそうです。

帰路の途中、豊岡道の道の駅まほろばで食材探し。
休日明けのせいか、期待していたキノコ類が少なめでした。
明日の夕飯はヒラタケのリゾットでも作りましょう。