苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をSHERCO TY125、BETA RR4T 125LCで楽しんでいます。乗れない時などたまに料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

極寒の4月 新規探索は収穫あり 4/8 西播

愛する但馬が本格的に開幕を迎えるにはあとひと月ほどか?
それまでは負けず劣らず大好きな西播地域に通いましょう。


今日は気温が下がり、またしても冬並みの寒さが予想され、装備も多めに着込んできました。
一旦体が慣れてしまうと、逆戻りはかなりキツイです!
寒さもそうですが、着膨れなどで動きずらいので肩も凝ってしまいそうです。


さて、今日訪れた林道はややグレーゾーンに分類されるため、ぼかした表現になることをお許しください。


まずは定例の・・・

売りに出されているわけではなかったのですが、雰囲気が良く、空き家のようだったのでワンショット。


そして高山長さんから頂いた情報をもとに1本目はこちら。
たしか2年ほど前にはかめはめはさんも入り口までは来られたはず。

いいじゃないですか!

渓流沿いを登って行く、明るく開けたワタシ好みの林道です。


渓流釣りも解禁となりましたが、この辺りならばアマゴなども釣れそうですねぇ。

気温は5、6度くらいですが、青空が見えていればそれほど苦にはなりません。

山肌に映える山桜がとても美しい!

次第に高度を上げるようになると、やや路面が荒くなってきました。

はい、こんにちは!
これくらいなら朝飯前でササっと処理ですね。

昨日から南部はにわか雨が度々あったのですが、こちらはにわか雪だったようです。

先ほどの青空は急激に変化してイヤ〜な感じの雲が現れ始めました!

7〜8kmほどでこの林道に交わります。
まずは左に行くと・・・

この向こうにも道はあるのですが・・・止めておきます。
右に向かうと・・・

貫通しているとの確信があれば行くところですが・・・
独りだし、無理は禁物!勇気ある撤退!


ミツマタの群生が綺麗でした。
春先の色彩がまだ乏しい時期に、やさしいコントラストを生み出す主役ですね。
結局、情報の通りピストンだった(?)わけですが、トータルで20kmほど走ったのでかなり満足です。


2本目は志倉道谷。

この道の良さはこの美しい渓流です。
これは甌穴と呼ばれる、水流で削れた岩です。

また前方に雨雲が!
峠を過ぎるくらいから雪が降り始め、道谷の集落に抜けるまで吹雪に会いました!
はい、もう寒すぎて写真なんか撮っている余裕はありません!


天候はコロコロと変化して・・・
音水湖畔にて「本日のレストラン」はこちら

いつもは人のいない山の中で昼飯を摂ることを旨としていますが、今日は身体が冷え切ったので、とにかく陽当たりの良いところをチョイス、って爬虫類かいっワタシャ!


空腹も満たされ、3本目になる林道はF地区からのエントリー。

こちらはTHさんから頂いた情報を元に探し出しました。
一旦は砂防ダムまで行ってしまうという同じ間違いを犯しながらも、何とかお墓の横から発見できました!

う〜む!これは・・・

かなり予算のかかったと思われる、なかなかの規模の林道です。
これほど良いのにほとんど知られていない林道は、この付近でまだまだ他にもあるのではないかと思えてきます。

高度を上げると徐々に赤土質へと変化していきます、そうあのエリアへと近づいている証左です・・・

この向こう側あたりがおそらくそうなんですが・・・

こんな渋い「今日の廃」
策道用?名前はわかりませんが、ワイヤーを使って木材などを運ぶものですね。
もうひとつは・・・


デリカですが、昭和40年代製くらいでしょうか?

最後は穏やかに行き止まり。


途中にある◯ノ◯林道に繋がっているのかもしれない支線入り口。


その先はまるで迷路のようで・・・

いくつか探索しましたが、いずれもボツ。
まだ他にも候補の支線はあったのですが、ガソリンも体力も残り少なくなってきたので引き返します。
ヘタをすればこのエリアを全て調べるには1日かかりになってしまいそうです。


この小の倉林道本線は片道約4kmほどでしたが内容充実!
平日は作業をしているようなので避けたほうが良さそうですが、また日曜日に再訪決定です。
結局、今日は3本だけではありましたが、どれも走りごたえがあり大いに満足・・・というか体力を使い果たしました。


情報を提供して頂いた高山長さん、THさん、本当にありがとうございました。
オフローダーにとって、情報はかけがえのない宝物。
そんな大切なものを共有してもらえたことに感謝します。


本日の走行 368km



オフロードランキング






これぞ兵庫の桜なり  4/4 加美・青垣・篠山

ちょうど1週間前、兵庫県中部の桜の開花を確認しに行きましたが、その時はまだまだというところ。
南部はこの前の週末がピークでしたが、そろそろ中部や北部も見頃のはず。
ワタシの休みは原則水曜日と日曜日なのですが、この時期にこの天気であれば何はさて置いてもバイクに乗らないなんてことはあり得ません。
たとえ妙齢の美女に誘われても・・・いや、それはやっぱりそちらになびくか。


天気予報では夕方から前線が通過するとのことで、早めにスタートしてまずはこちら。

JR新三田駅付近の武庫川土手沿い。
これはブロ友のchiharuさんがオススメしてくれ場所です。
武庫川沿いは広範囲にわたって桜が植樹されていますが、その中でもここはたしかに素晴らしい!
chiharuさん、ありがとうございました。


舞鶴道から豊岡道に乗って移動をして、去年目をつけていたあの場所へ・・・

多可町加美区丹治にあるさくらの公園です。


園内にバイクで乗り入れても大丈夫だし(もちろん他に人がいればエンジンは止めますが)、余計な提灯やのぼりなども無いし、おまけに本日貸切で最高です!
開花のタイミングもおそらく今日がベストでしょう。
この後、雨が予想されているので日曜日はどうかなあ。
いやあ、満足しましたー!ここは穴場ですぞ〜



さてこの公園は篠ヶ峰の麓にあり、先週も山頂まで登りましたが、今日もまた繰り返します。

先週より幾分見晴らしはいいかなあ・・
暖かくなってから、どうしても空気のクリアーな度合いは落ちてしまいますね。

2週連続で来た理由はこちら、支線調査です。

5号日向線というのが正式名称のようです。
ちなみに登ってくる途中にはあと4本もしくはそれ以上の支線があります。


山肌をほぼ平行に貫くダートで、眺めはとても良いですがややガレ気味です。


左は深い崖なのでなかなかスリリング。

2kmほどで崩落が酷くなり・・・

道は無くなります。
これが麓まで続いていたら最高なのですが・・


反対側には先ほど登った篠ケ峰頂上の電波塔が見えます。

そしてこちらがもう一方の廃道入り口。
清水坂トンネルの東側に繋がっていますが、トライアル車などでなければかなり難しいルートだそうです。

ワタシは遠慮しておきます。
mamakoさん、マシンガンスネークさん、いかがですか?


今日の林道はこれで終了!桜めぐりに戻ります。


こちらも去年にチェックしていた場所です。

ここは少し人がいますが、それでも立派な穴場です。


桜、山、芝生と三拍子揃った景色の公園、いいな〜。

平日とはいえ・・・信じられます?
この視界に入る範囲でひと組だけですよ!


さーて、お次はずっといつも遠くからは眺めていたところ・・・

この時つむじ風が吹き、写真では分かりにくいですが桜吹雪に包まれました。


青垣から氷上に向かう加古川(加治川)中流部


ずっと前から来たかったのですが、なかなかタイミングが合わなかったのですよ。
超ロング桜並木です!

途中一部途切れるところもありますが、約5kmにわたって桜並木が続いている川の土手です。
左に伸びているのが豊岡道ですが、あ〜あそこか!と思っている方も多いのでは?
ここもね、5kmのうちで数組ですよ、お花見している方は。
車でも入れるのですが、駐車している車もなくゴミもゼロ!
まだまだ良識ある日本人は少なくはありませんね。

桜の見事さだけでなくトータルな意味で心が満たされ、残りの箇所を回りましょう。
今日は夕方から雨予報でした。


こちらは「ささやまの森公園」
以前から自転車で美山方面に行く時には、しばしばデポしていたところです。


そしてこちらもまたchiharuさんオススメの場所。

小野新交差点北側の川沿い。
みくまりの南側に向かうあたり、と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

対岸から・・・これも素晴らしい!
ワタシこう見えても(どう見えて?)律儀な性格なんですよ、自分で言うのもなんですが。
なので、人から勧められた場所などはできる限り行ってみることにしています。
てなことを言いながら、林道店長さんオススメの和菓子屋さんには寄れませんでした、ごめんなさい!

苺大福食べたかったんですけどね・・・

そして篠山、鍔市(つばいち)ダム


最後は宝塚、千刈ダム


と、足早に8箇所を回りましたが、これぞバイクの機動性を生かしてのことですね。
素敵なお相手がいれば、どこか1箇所でのんびりと過ごすのも良しですが、せっかちなワタシにはこちらが向いているかな。
120%満足な一日、日曜日にはもう少し山の中の桜を探してみましょうか・・・


本日の走行 301km




オフロードランキング








ボスに捕獲されるの巻 4/1 但馬・宍粟


各方面からの情報で、但馬一部もそろそろ開幕。
久しぶりにボスの地元に向かってみましょう。


とその前に・・・

地元の有料道路が遂に無料化となりました!
往復400円はいつものツーリングでの昼飯代に匹敵するので嬉しいです。
それにETCが使えなかったので、通過の時の手間も省けて万々歳!
思えば昔は六甲山も表と裏は有料だったなあ。


豊岡道をドビューンとひとっ走りして、やってきました天谷加保坂線。
昨年の台風の後に整備されたそうですが、あの酷い轍はどうなっているのでしょうか?

おお、まだそのままの所もありますが、かなりキレイに修復されています。

今日も青空が広がりテンション高めです!


抜けて梅ヶ久保林道を杉ケ沢高原に向かっていると、なんと林の中から高山長さんが現れました!

聞けばワタシのツイートを見て、遭遇のタイミングを計ってくれていたそうです。
もうありがたい話で、嬉しくて嬉しくて・・・
思えば約1年前、初めてお会いしたのもこの場所でした。
この方とは運命を感じます、たとえバイクを降りてもお付き合いよろしくお願いします!


ただ今日これからの予定を聞くと残念ながらワタシの予定とは反対方向なので、しばらく楽しくお話をした後は別行動。
はい、大人のお付き合いはベタベタせずにお互いを尊重します。


次に向かうのはある調査だったのですが・・

お題は「若杉高原おおやスキー場から志倉道谷は抜けられるのか?」
でしたがこれはやはり無理のよう。


なにやらこの順番は林道店長さんが水曜日に走られたコースを辿るようですが、志倉道谷はスルーして野尻から阿舎利に入ります。


この林道は開放感があって良いですね、夏は暑いですが・・・

昨日は一旦すっきりと晴れていたそうですが、今日はまたPM2.5のせいか遠くが霞んでいます。

この辺りも色々と支線ができているようですね。

ダイナミックなコースです!

水曜日に林道店長さんがノコギリを忘れて通れなかったところを、昨日高山長さんが処理してくれていました。
美しき林道愛であります。


その先の崩落はこの程度なので、昨年よりはまだマシですね。

下って行くと美しい杉林が現れ渓流が道と平行に流れます。

「本日のレストラン」はこちら。


水辺が好きです、釣り人のサガでしょうかねぇ。


さあ、昼飯後にもう一つの調査のため福知渓谷の方向に向かいます。

うん、確かにありました。
これが岡ノ上の支線から繋がる道だと思いますが、残念ながら南京錠でロックされていました。
今日の調査はどれも不調ですねー。


仕方なく岡城林道に向かいます。

この林道はここでは東市場線となっているし、登りきったところには坂水林道となっているし、一般には岡城だし、どれがいったい正しいのでしょうかね?


序盤を過ぎたこの辺りのホンワカしたムードが好きです。


徐々に高度を上げて行きますが、道幅が狭まりややガレてきます。

一番の難所はここですが、昨年よりは走り易くなっています。


抜けて雪彦線と合流し、舗装路を走っているとなにやらリアタイヤに違和感が・・・

アチャー!パンクの神様がまたご降臨なの!?
っと思いましたが、運よくブロック部を横に刺さっていたので難を逃れました。


峰山線に入り4本目のメイン林道へ。

兵庫県宍粟市一宮町 林道中坪2号線 2015.11.22


Kinopomさんの動画をお借りします。
動画とは反対方向から入っています。

ここは1年ぶりくらいになるのですが、その時は走りにくい道と感じてあまり好きになれませんでした。


しかーし・・・

一番の苦手だった場所も整備されていて・・・

おいおい、スーパーフラットになっているやん!

コレは並行している岡ノ上を凌ぐ気持ち良さです!


ふる里公園付近にこんな案内板がありました。

ふ〜む、これでこの付近の全容がよくわかりました。

これが別荘地から上がって来る途中の入り口ですね。
あまりの気持ち良さに「もう一回いい?」って感じで入り直しました。



あ、このくだりはボスのブログからのパクリです。
あの下ネタ使いの上手さには、10年かかっても追いつけそうにありません。


途中にあるのがこの杭。
これが正式な名称・・・?
それにしても気持ちヨカッタ!


峰山線に戻り最後のナイショ林道へ。


先週も反対側から来ましたが、ここもなかなか良い感じです。



最後の撮影ポイントは太田池方面から峰山高原を望むこの場所。


今日も楽しい林道三昧でありました。
桜の開花もだいぶ進んで、お山の中もだいぶ華やかになってきましたが、もう少しこの天気が続いてくれると良いですね。


本日の走行 360km




オフロードランキング


桜前線調査隊 by アフリカツイン 3/28 丹波・北播

なんでもこの数日の暖かさは数十年ぶりの異常気象だそうで、ご近所の桜の有名どころである夙川や芦屋川もあっという間に咲き始めました。
まあそんなところは人だらけなので車で通り過ぎるだけで良いのですが、気になるのはやっぱりツーリングコース途中のお気に入りポイント。
今日は4ヶ月ぶりくらいになるアフリカツインでさらりと巡ることにします。
たまには乗ってアリバイを作らないと、何かとご心配をいただくことも多いので。
そうそう、ツイートするとあの「うほっ」のむぎむ”きさんがいいねをしてくれました。
スキが無いですねー!


ところでワタシの血液型はB型です。

は〜い、やっちまいました!
この季節の変わり目には装備選びには慎重になるのですが、どっちにしようかな〜と思っていた「右」ウインター、「左」スリーシーズン用のグローブを片方づつしているのに気づいたのは30分ぐらい走ってからでした・・・
ネタではありませんよ、ニチジョウチャメシゴトです。


青野ダム周回路


生瀬から長尾山を越えていくにつれ、桜の花がほとんど見ることがなくなっていったので、コリャダメかもと思いましたが・・・ぜーんぜんまだです。



川代公園

やっぱりぜ〜んぜん!


牧野大池

さっぱりワヤですな。



お隣の余暇村公園

当然まだまだ。


とまあ、長尾山以北となるとほとんど咲いているところは無い状態でした。
この調子だと次の週末もまだ早く、4月7,8日あたりの週末が見頃になるのでしょうか?
昨年は休みと天気がこの時期全く噛み合わず見頃を逃したので、今年はなんとか楽しみたいものです。


さてそろそろお腹が空いてきたので千ケ峰にでも登り、どこか良い場所を探しましょう。

よく晴れているのですが、PM2.5のせいでかなり靄っています。
なんとかして欲しいもんですが、あの国のことですからね〜。

「本日のレストラン」はこちら。


なぜか北の空の方が澄んでいる?
新田ふるさと村に下る途中の東屋です。


R427を挟んで向かい側の篠ヶ峰は1月にこんな出会いがありました。

その時は積雪で頂上まで登れなかったので、今日は電波塔まで行きましょう。

うわぁー、ここ360度見渡せる超絶景!
ただ返す返すも霞んでしまっているのがとても残念です。

電波塔フェチも少なからずおられるようですね。
それにここに登る道は、自転車のヒルクライムにはぴったりです。
まあワタシはクライマーではないのでやりませんけど・・・。


本線はほとんど舗装されていますが支線のダートが5本ほどあり、そのうちのこの奥が清水坂トンネル方向に繋がっているはず。
かなりのアタック系のルートらしいので、廃道マニアの方はぜひどうぞ!


他にもピストンの支線があるので、いつかまた調査に来ることにしましょう。


あの山崎さんともまたお会いしたいなぁ。


麓にある春欄荘と桜公園

この場所はかめはめはさんも狙っているところです。
お願いだからこのままで、提灯なんかぶら下げないでね!


今日はダートはほとんど走らず。
ずっとこのところは250に乗っていたので、久しぶりにビッグオフに乗るとすごい違和感でした。
乗り始めなんか全く乗れていない感じで情けないほど・・・
時々は乗らないとあきませんね。


最後は篠山川河川敷のプラティクスフィールド

はいはい、まだですね、わかりましたよ。


帰り道のご近所、宝塚の一角。
「まるさん松本」の裏手の桜のトンネルです。


今回、桜の花は楽しむことはできませんでしたが、暑いくらいの晴天のもとのんびりと走りを楽しめました。
週末はまたどこかの支線探索で楽しむか、それとも・・・・


本日の走行 230km



オフロードランキング




オフローダーズ・ヘブン vol.2 3/25 宍粟


前回からのつづき・・・


r546の奥にあるこの延ケ滝は道路のすぐ傍にあり、滝壺まで10mくらい降りれば迫力のある姿を見ることができます。
ただしオフロードブーツでは歩くのに適していないので滑落しそうになりますが・・


ところでいきなり閑話休題
これまでワタシはいくつかの趣味やスポーツに親しんできましたが、どの分野でもメジャー場所というのがありますよね。
磯釣りでいえば和歌山のアシカの親子、自転車ならば淡路島一周あるいは乗鞍ヒルクライム。
オフロードバイクならば氷ノ山や四国剣山などがそれに当たるのでしょうか。
そしてそういった場所を非常に好む方々が必然的に多いわけですが、ワタシは元来アマノジャクな性格のせいかあまり関心が持てません。
それよりも忘れられた場所やあまりスポットライトが当たらないようなところで、自分なりのお気に入りポイントを見つけるのが大好きです。


そんなわけで、前半のR29西側の地域はワタシにとって興味津々であり、実際に走ると想像以上に素晴らしい場所でした。


さて、午後はR29の東側に周りますが、その前にちょっと寄り道。

r429とr546の分岐の角にある「ペンション空とさんぽ」
いい雰囲気ですね!
これくらいの規模でのんびりと営むことができれば最高ですね。
そしてその周囲にはショート林道もあり。
朝の散歩代わりに林道が走れてしまいますね〜。

そして今日のもう一つの探索エリア。

午後からは薄いもやが出てきてしまいましたが、どうやら黄砂が飛来し始めたようです。

さてさて岡ノ上林道支線Cです。
こちらはいかにも作業道といった状態でガレが多いです。
果てしなく奥に向かって道はありますがやや厳しそうです。


支線Bに向かう本線途中の暁晴山方向。

支線Bには先週無かった新たな倒木がありました。

支線Bのその先も深い谷に下って行きます。
これがCと繋がっているのか、はたまた福知渓谷方向に伸びているのかは未調査です。

支線Aの入り口にはやはり先週は無かった積雪がありました。
その間の寒の戻りがあった日に降ったのでしょうね。

そしてその先に広がる樹木帯の美しさたるや・・・

但馬のボスこと高山長さんがイチ押しのこの季節の風景は、まさにこのような所がベストなのでしょう。
曰く・・・


「木の精霊が冬眠から目覚める前の、閑散としたこの空間がとても心地良い。
日々の欲望と理性の闘いの間で羽交い締めにされながら、途切れることなく生まれ続けるストレスを掻き消してくれる。そんな空間だ」


との表現であります。
これだけ切り取ると格調高き純文学のようでもありますが、全文はこちらでご覧ください。


ケッサクです、5回は吹き出しました・・・


しかしどうですか、この林道の良さは・・・

もうたまりませんね!


そしてこちらもその先は細くなり深い谷に向かって下り始めて行くのですが、今日はもうこの先で何かトラブルが発生すると、リカバリーする体力気力が残っていないのでここまでにします。

さあ最後は峰山高原に向かいます。

こちらは夜鷹山方向。
それにしてもこの名前はどうして付いたのでしょう?
どう考えてもこんな場所に女性がいたとは考えられないのですが・・
あ、本物の鷹が夜に現れたのしょうかねぇ?


某新設スキー場   なんて言ってもバレバレですが

もうシーズン終了で閉鎖されているので、ちょっとお邪魔させていただきます。

ムッチャかっこいい雪上車がありました、英語ではSnow Groomerって言うんですね。
ピッカピカの新車です!
こんな洒落たデザインは一体どこ製?と思ってみると・・

ほほ〜、メイドインイタリーですわ!流石っすねー!
最近は重機専門番組なんてものもありますが、男の子はやっぱりこういうものに惹かれます。
ん、ワタシだけか?

そして頂上付近からのこの風景。
案内板によれば我が家近辺の六甲山まで望めるそうです。
他の既存のスキー場とは違い土がまだむき出しですが、緑で覆われてくればより素晴らしい風景となってくれるでしょう。


そしてこんなエリアも途中あり・・・

フッカフカの土質で気持ち良い空間です。
掘り返されたようになっているのはイノシシか鹿の仕業でしょうか?

まるでダンスを踊っているかのような樹々は自然の芸術。
こんな場所で満点の星空の下キャンプでもしたら、さぞかし気持ちが良いことでしょう。


今日は午後からは気温もグングン上がり汗ばむほど。
どうしても踏破したかった林道も楽しめたうえ、午後からも素敵な空間だらけ。
1年目にして終日これほどの満足感に浸れるとは、我ながら驚きすら覚えます。


このブログをご覧いただいている方で、これからオフロードバイクを始めようかと迷っておられたら、どうかぜひとも一歩足を踏み出してください。
きっとこれまでには経験したことの無いような素敵な世界が待っていますよ。


またバイクには関係のない方でも、ご遠慮なくコメントなどいただければ嬉しく思います。


さあ、新学期を迎えてこちらもオフローダー2年生になります!
これからもどうぞよろしく🙇🏻‍♂️


オフロードランキング