苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をSHERCO TY125、BETA RR4T 125LCで楽しんでいます。乗れない時などたまに料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

再訪・四斗谷 「禍福は糾える縄の如し」 2/25 篠山・三田

今日は本来ならボスと女王さまをフラット林道にご案内する予定でしたが、生憎の天気予報で中止となり意気消沈⇩
こればっかりは仕方ないですよね〜🌦
先発偵察を買って出てくれたKさん、Tちゃん、ありがとうございました。


そんなわけで、いつもならば行き先ははっきり定めていくパターンを捨てて、気が向くままに三田、篠山方面に向かいました。


猪ノ倉峠を抜けて小柿から小野に進むと、以前から気になっていたダートが目に入りました。
そういえばこの辺に「某市道」と呼ばれる林道があると聞いていましたが・・

うん、なかなか良い雰囲気

お〜、これこれ!間違いないですね〜。
思いの外、距離もあって繋ぎにはぴったりのルートでした。

出口から程なくこの林道。
先週は逆方向から入ろうかとも思いましたが、柴田ファーム付近は雪が多く断念したところです。
しかし今日は全く雪も消えて、いつものようなのんびり林道に戻りました。

母子で少し遊んでから篠山に抜けて、さてどこに行こうか・・・
よし、以前にも行ったあの林道にしてみましょう。

ここは篠山の林道の中では珍しく抜けた風景に出会えるところ。

おや〜、青空がどんどん広がって来ましたよ!
少し早いけど、気持ちが良いこのタイミングで昼食を。

正直に言うと今日はブログも書くつもりはありませんでした。
でもワタシの人生訓でもある「禍福は糾える縄の如し」のように、落胆の日が楽しい日に大変身!
なのでこの辺りから写真も撮りまくっています。

ついにはヒコウキ雲が出るくらいの青空まで現れました。
これはこれで良いのですが、全く天気予報のバカヤロメであります。


昼食をゆっくり食べながらツイッターを見ると、女王さまはお城でじっとしてはいられないらしく、おひとりでお散歩中のようであります。
それでは次回に備えてこの辺りの更なる開拓でもしておきましょう。

前回は入らなかった支線に入ってみます。

う〜む、行き止まりかぁ・・・


支線その②

ん、これはいいかも!

おー楽しい、楽しい!

ちょっとしたアトラクションもあったり。

落石はこの程度で

やった!ループで繋がりました!
ほとんどがピストンの篠山にあってこれは貴重です!
氷上の郷付林道と並んで、この方面のお気に入りベストスリーに確定です👍🏼
shigezooさん、ここならUターンもしないですみますよ。


入り口に戻り、前回も少しだけ入ったこの林道

この先の倒木で引き返しましたが・・・

今日もやっぱりありました。

成敗なり!
しかし・・・・

またかよ・・

汗かきました💦


さあ、どこまで行けるのかと思っていると

スパッとお終い!
感じ良しなんですけどね・・1kmで終わってしまいました。
それでも楽しかったな〜。


帰り道は先週手こずった母子大池を抜けて。

凍結の轍に足を取られてコケた場所もこんな様子。


やっと今年のキビシイ冬も峠を越したようですね。
次回こそ敬愛するボスと畏敬の念を抱く女王さま、そして回遊魚の楽しい仲間たちを交えて青空のもとイキイキと楽しく走りたいものです。
その節はみなさまどうぞよろしく!



オフロードランキング








CRF250L チェーン・スプロケ交換 2/11



世間は3連休の中日、私は2連休初日。
お仕事に励んでいるお仲間もおられますが・・・ご苦労さまです。


2月になったら実行しようと思っていた作業ですが、ちょうど距離数も15000kmというところ。
自宅付近の天気は今日は晴れていますが、昨日のまとまった雨とそれ以前の積雪でフィールドのコンディションは相当荒れているでしょう。
タイミングとしてはバッチリ!他の予定も無いのでのんびりと作業にかかりましょう。


かし丸くんは今回初めて使います。
なかなかのお値段なので躊躇もしましたが、以前のようなロードバイクとは違いこれからは毎年少なくとも1回は使うと思うので思い切って購入しました。
使い方はこちらの動画がわかりやすいですよ👇🏼

D.I.D  チェーン 交換編
メンテナンススタンドに乗せる前にドリブンスプロケットのボルトナットを緩めておきます。
チェーンをカットして外しますが、今回は前後スプロケットを交換するので、古いチェーンと繋ぐ必要はありません。

チェーンを外してみると、思っていた以上にガッキガキ!
キンクしまくっていて、よくぞこんなもので走っていたなとゾッとします。
これで走りも軽くなり、燃費も上がるでしょうか?


フロントのドライブスプロケット交換の写真を撮るのを忘れていました。
なにせお恥ずかしいくらいドロッドロで、きれいにするのに夢中でした。
ただCRFは2本のボルトで止めるタイプなので楽ですね。


リアのドリブンはDRCのデュラリアスプロケットを慣らしが終わった頃から使っていましたが、流石に14000kmくらい使っても摩耗はあまり見られません。
でもせっかくの機会なのでアルミタイプの物に交換します。

今回のもう一つのミッションはクッションリンケージのオーバーホール。
ネットの噂では鬼のような高トルクで組まれてあって、ボルトが回らないケースが多々あるとありましたが、そんなことはまるでありませんでした。
ただし、ベアリングにグリスはほとんど残っていなく、バラしてみて正解でした。
幸いベアリングに問題はなさそうなので、クリーナーで清掃してからたっぷりとグリスを塗って組み直し。

さーて、これでリアサスの動きも向上すれば良いのですが。

新品ゴールドチェーン。
むふふ、眺めているだけでもメシが食えそう。

完成!
スイングアームデカールのスポンサーとは違うメーカーのスプロケですが、そこまではチェックしないでください。


今日は時間に余裕を持って掃除もしながらやったのでそこそこ時間もかかりましたが、慣れている人ならば1時間もかからないのかな。
正直に言えば、ロードバイクに乗っている時はほとんどがショップまかせでしたが、オフロードに転向してから少しずつ自分で実践しています。
今はこんな楽しいことを人に任せるのはモッタイナイと思えるようになりました。
まあ構造はシンプルだし、絶対的走行スピードも知れてますから気楽です。
結構ドジなB型人間なので、最終チェックには気を使っていますけどね。


さて、明日は走るか・・・?それとも気温上昇の水曜日まで待つか・・・。



オフロードランキング









さらりと笠形 そして淡河 2/4 目的は物件見学

事前の予報はあまり良くはなかった日曜日ですが、起きてみれば快晴ではありませんか!
ただ気温は5度になるかならないかくらいなので、今日の主な目的はこの移住先物件見学です。
場所は福崎I.Cから15分くらいのところ。
里山の谷筋奥にある別荘分譲地ですが、定住の方が多そうな地域でした。
建物はまず満足ですが、バイクの保管とメンテスペースをどうするか・・
この高床の下のスペースにはなんとホンダ・シティが眠っていました!
かなりの勾配の入り口でどうやって入れたのか???

その家からすぐ先にはこんな林道もありました。

さほど奥行きはありそうではないですが、申し分のない環境です。
手前にある一軒のお宅にかっこいい KX ?にお乗りの方がおられました。
できれば実際に住んでどんな具合かとお話を伺いたかったのですが、どなたか他の方と談笑中だったので、それができなかったのが残念です。 


さて今日の冷え込みに備えてより防寒性の高いウエアを選ぶといつものED PROは履けません。
仕方なく細身のG アドベンチャーのブーツを選びましたが、やっぱりヤワでプロテクション効果が薄く、心もとない思いです。
ま、今日はあまりオフは走る予定はないのですが、ここまで来たからはやっぱり笠形くらいは走って帰りましょう。


r34から林道岩戸線で本線に入ります。
空気はキーンと冷えていますが、こんな青空をみると本当に気持ちイイ!
2週間ぶりのダートですが、一ヶ月以上おあずけを余儀なくされたかめはめはさんの心境は、察するに余り有るところです。


中区間記念碑の少し手前から南下しますが、所々こんな状態で積雪がありました。
しかしガリガリに凍っているわけではなく、割合とグリップは効く状態だったのでそこそこ楽しめました。
でもなにせブーツが不安でおとなしーくですが・・
他に走れる場所が少ないせいか、今日は珍しく他のオフローだーとも数台と遭遇。
r23の入り口に止まっておられたKLXの方は、もしかするとSNSつながりだったのかな〜?


高速は使わずにのんびりと帰路に着きますが、一つだけ気になっていたルートを探ってみます。
淡河環境センター横から入る林道。
ここは林道名は付いていないのでしょうか?
ロードバイク(自転車)で最初に教わったロングコースでは良くこの前を通っていたので、存在はずっと前から知っていましたが入るのは今日が初めて。
幅員は狭いのでブラインドコーナーで対向車でもあるとちょっとヤバそうですが、思っていたよりも良い感じの道でした。
やや轍が深く荒れ気味のパートもありましたが、全体的に路面は程よいレベルといったところ。

支線もまだあるようなので、まずまず手軽に楽しめるところですね。
冬場のレパートリーのひとつとしてキープしておきましょう。


陽が傾くとより寒さが厳しいので早めに帰宅。
思えば全く汗をかかない1日で、こりゃあとで室内トレーニングしとかねば。


本日の走行 207km でした。




未踏林道 徹底調査 青垣編 1/21 丹波


この数日は気温が上がり、林道に積もっていた雪もすっかりと溶け、今朝は霧は深かったものの凍結の心配もありませんでした。
今日は前回入れなかった地区や気になっていた所の検証です。
思うにこの時期、オフローダー達の動向はいくつかのパターンに分かれるようです。
ゲロ・アタック系に傾注し、自らを苛めまくる人達。
せっせとクローズドコースに通う人達。
ご近所の定番をリピートし、仲間と友好関係を深める人達。
そんな方達を横目で見ながら、アマノジャクノの私は未踏林道の開拓(といってもあくまで私個人の)にせっせと励んでおります。


まずは先日訪れて、その美しさにノックアウトをくらったこのため池。


氷上の桜大池です。
鏡のように湖面に映る山並みを撮りたかったのですが、残念ながらこの時は曇ってしまいました。
あきらめてその奥の郷付林道に進みます。

前回は雪で阻まれた区間に突入できました。

かなり古い林道標識のようですが、全く読むことができません。

その先でやはり道は終わっていました。
しかしあとで計ると入り口ゲートからここまで約4.5kmあったので、このあたりのピストン林道としては長い部類です。
下りでもたっぷり走りを堪能して次に向かいますが、その前に・・・

今日もいろいろな物件を見て廻りました。
売り物件ではピンとくるものは無かったですが、現在住んでいらっしゃる家には素敵な所がいくつかありました。


次に向かうのはr78をr7に向かう途中、氷上の北にそびえる安全山。
ここはGoogleで見ていて発見したルートですが、ほぼ舗装路のようです。

でもこんなダートも一部残っていました。
登り切ると・・・

お〜素晴らしい!氷上の町が一望できます。

こちらは青垣方向の眺めです。

「安全地蔵」だそうです、拝んでおきました。

入り口はこちら。
もう少し早く来れば、美しい雲海を観ることができたでしょう。


さあ次は・・・「片平林道」

実は前回ここに来た時は池の反対側の林道には入ったのですが、こちら側にも林道があることはGoogleで確かめながらも失念してしまいました。
そのブログを読んだ林道店長さんはさすがにその虚を突き・・・

地元のプライドを発揮して奮闘されています。

おー、いいですね〜!

相変わらず水は抜かれたままですが・・。

shigezooさん、ここはビッグオフでもいけますよ!

行き止まり付近はこんなイヤらしい岩がごろごろしてるので、早めのターンをお勧めしますが。

こんな風景があったり

支線もイイ感じだったのですがこの先は倒木でアウト。

さらにこんな支線もあったので、ここらで昼食をと。

「本日のレストラン」はこちら。
鳥のさえずりが心地良く、ジャケットを脱ぐほどの暖かさでした。


食べ終わってこの奥に進むと

小さな神社があったのでお参りしておきました。

それにしても気持ちがいい場所ですよココは。
完全に水がまた溜まれば、さらに素晴らしいロケーションとなることでしょう。


前回入るのを躊躇った、もうひとつの青垣方面に戻る途中の上道林道にはやはり入りませんでした。
入り口ゲートでリンボーダンスを踊らなければならないのですが、どうも良いイメージが湧いてきません。
だれかと一緒に来たときのために残しておきましょう。


r7からR427、そしてR427と進んでやはり前回途中で引き返した大名草林道に向かいます。
こちらも雪はすっかり溶けていますが、これからやってくる寒波でまたしばらくは入れなくなるでしょう。

閑話休題
春はまだまだ遠いですが、この花(?)だけは早くも林道のあちらこちらで蕾を膨らませています。
名前?忘れました。



前回はこの先で引き返しましたが・・

だいぶ奥まで進むことができました、しかし・・

これは手ノコではちょっとねぇ・・

しかもこのあたりから先はウルトラウエット!
まるで湿地帯のような路面になっていきます。
おそらく時期を誤ると山ビルの餌食間違いなしでしょう。


R427に一旦戻りますが、ここから青垣ICに戻るまでの地域を今日は徹底的に調べてみます。
地名で言うと青垣町大稗(あおがきちょう・おびえ)、小稗(こびえ)、惣持(そうじ)、稲土(いなど)ですが、それらの谷筋にある集落の奥に進むと・・

だいたいこんな獣害ゲートが現れますが

やっぱりありますね〜、いいダートです。
まあ、アタック系の皆さまには食指が伸びるモノではないでしょうが、フラット系にとっては美味しくてたまりません。

まあ大抵はすぐ行き止まりなのですが、そんな時でも250は機動性を発揮して楽々ターン。

薬莢が落ちていました、撃たれないように気を付けましょう!
そしていくつものルートを探るうちに・・・

こんな美しい風景に巡り会うのがなによりの楽しみです。

本当に水の豊かな地域です。
あちらこちらに源流のせせらぎが現れます。

名もない林道ですが、ここは特に良かったです。

ここでも曇りがちなのは残念ですが、景色の抜けた場所もありました。

最後は崩落で行きどまり。
方角としては粟鹿山方面なのですが、昔はもう少し先まで行くことができたようで、まだ道が続いていました。

入り口はこちらですよ。
お好きな方はぜひどうぞ・・


そろそろ帰ろうかなと思っていましたが、気になる案内板があったので舗装林道をズンズン進むと・・・

あっ!これが粟鹿山中継所に向かうルートだったのですね!

たしかにゲート横、谷側に約50cmの隙間あり。
なんで山側にしておいてくれんかね!
1人だとやはりちょっと怖いなあ。

だけどこの案内板を見ると、林道とは別に黒川ダムに抜けられるの???
春になったらまた調査隊を編成して再訪したいものです。

来週末はまた雪が積もって、もうこの辺りは来ることは難しいのだろうなあ。
でもたっぷり遊んでダート成分も貯め込んでおきました。
これでしばらくは生きていけるか・・・?


本日の走行265km


オフロードランキング




青空とオフロードバイク 1/15 加東 篠山 三田


今日は珍しく月曜日に休みを頂き、本来ならばSNSを通じて知り合ったshigezooさんと初デートの予定でしたが、残念ながら先方のご都合が悪くなり、いつものようにソロとなりました。
shigezooさんは KTMのビッグオフをお持ちなので、こちらも久々に大きい方でお付き合いしようと思っていましたが、やはりいつもの2号機で私的未踏の林道調査です。


まずはその前に今マイブームの移住先探し。
検索しているとこの家がヒットしたのですが、前の道路もダートという環境の良さ!
しかし画像では綺麗に見えるのですが、実際はかなり傷みも目立つ物件でした。
価格が今の売り出しの半額ならば・・・というところ。


はい、それでは参りましょうか、r141からエントリーの「市原公民館林道」です。

林道名は適当につけています。
kazuさんのブログやYouTubeでエントリーは爽やかフラット、途中からガレガレという情報は掴んでいます。

バードウォッチングができる池は氷が・・

素敵な別荘?がありました。
そしてその先・・

始まりました!
以前この近くの鴨川でもそうでしたが、このあたりの林道は大雨の際にはおそらく濁流となる枯れ沢のような路面です。

お好きな方には堪らんでしょうね。

抜けて・・・嘘です、キセルしました。

r311に向かう反対側はまたフラットに戻ります。
細かいことは置いといて、次の林道に向いデカンショ街道を東に進みます。




古市にある白髪山、松尾山近辺の林道探索です。
このあたり、以前にかめはめはさんもブログに書かれていましたね。

篠山の林道はそのほとんどがピストンですが、どれも雰囲気は悪くありません。

まだ落ち葉のじゅうたんが綺麗です。

と思っていたらビミョーな倒木・・・

右側が谷でキャンバーも付いていて、押してくぐったらリアが滑りながらもなんとか行けましたが、帰りのことも思って成敗してやりました。
kinopomさんもツイッターで言っていましたが、横に浮いた木を切る時は切断した瞬間に思いがけない方向に落ちたり跳ねたりするので気をつけましょう。

この先は登山道で行き止まり

手前のベンチが「本日のレストラン」


お昼前に少し曇っていましたが・・・

冬は空気が澄んでいるので、晴れた日は空の青さが際立ちます。


ところで国道からこの林道の途中にあるこの車置き場。

もう永いことラインアップは不変です。
なかでもこの117クーペのヒップラインは魅力的!
ジウジアーロのデザインだったかな?
レストアして乗れたら最高でしょうね。

さてお次はこちら「中谷線」


こちらはショートでしたね。

でもいい写真が撮れました!

若干の加工はしておりますが・・・・お許しを


古市駅の裏の谷筋にはもうひとつ北に向かうルートが。

きょうのため池はどこも水が抜かれたり渇水気味。

光があるとなんとか満足できる絵が撮れます。

四輪のタイヤ痕がずっと続いています。

抜けた景色もありました!

ところがこの先工事が始まり、路面も強烈なウエットに変わります。


いつものブログによればすぐに行き止まりになっていましたが、けっこう奥まで入ることができました。
おそらく延伸工事をしているのでしょう、完成すれば萬松さんの方角に抜けられるはずですが・・・


三田を抜けて帰路に向かう途中に少し寄り道。

龍蔵寺に向かう道が気持ちよさそうだったので入ってみます。


ここにも林道がありましたが・・・

これは無理ですね。
むしろ手前にあった左に入る作業道が、案内板によると母子方面に続いているように書かれていますが一体どうなんでしょう?


無難にr49で母子に登り、母子そば「いまきた」の奥から「母子奥池」を探ってみますが無情の鍵付きゲート。


諦めて、定番の大池で撮影会。

湖面は凍っていて、その上に鹿の足跡がありました!

季節によって変化する風景が素敵です。
ここはこれからも定点観測ならぬ撮影をしていきましょう。


堰堤側からも1枚


そして「小池」

朝は冷え込んでいましたが、昼間は気温10℃越えでのどかな一日でした。
ただいたるところで路面には塩化カルシウムが撒かれていたので帰宅後にすぐ洗車。
日の入りは少しづつ遅くなってきていますね。


本日の走行 195km 久々の200km未満のような気がします。



オフロードランキング