苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道あれこれ

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

パンクの神様の逆鱗に触れるの巻  11/14 丹波・多加

今日は本当は神鍋の阿瀬渓谷に滝巡りトレッキングに行くつもりでした・・・アフリカツインに乗って。
しかし冬型の気圧配置になってしまったために、北部は時雨模様で氷ノ山は初冠雪かもとの予想です。


南部は1日晴れ予報ですが、その天気の境目は青垣あたりの模様・・・
ならばCRF250で粟鹿山あたりからスタートするかなぁ・・と北上すると。

氷上の手前で早くも雨がポツポツ・・・青空も見えるんですけどね、虹が出ました。


となれば例のあそこに行きますか・・・

三方の大桂の横にモミジ公園がありましたよね。

小さな公園ですが良いタイミングだったようです。

虹も見られたし、今日はツイてる⁉️


でも桜大池は半分水が抜かれていてさっぱりでした。
池の周囲も針葉樹ばかりで紅葉はナシ・・そうだったっけ?

そういえば東隣の谷筋・清住谷川沿いには行ったことなかったなあ・・・と思い行ってみれば、ウヒョーなんじゃぁこりゃ‼️
ウルトラ・スーパーフラットがあるではないですかぁ❗️
しかもGPS地図を見ると427号線に抜けられる〜⁉️


ま、結局3kmほど進んだ地点で伐採の車両が数台現れたので引き返しました。
反対側からも探索したことがありますが、その時は倒木で引き返したはず・・・
うーん、いつか日曜日に再調査してみなければなりません。

ラベンダーパーク方面に向かう途中に、見事にまん丸な銀杏の樹。
普通は三角形ですよねぇ・・こういう種類もあるのでしょうか?


大好きな加美・丹治の桜の公園に・・・

これは今年の春の画像です、そして・・・

桜の樹とモミジの樹って一緒に植樹されている所が案外多いですよね。

素晴らしい!やっぱり普段の行いが良いせいかな〜って、ここまでは思っていましたよ。


篠ケ峰に登ります。

右側の山の頂上付近に見える林道らしきもの・・・千ヶ峰?三国岳?


こちらは南側の多可町方向。
今日、夕方番組のTenで巻き寿しをレポしていましたね。
大変な人気のようですが、まだ食べたことありません。

本線は前線舗装化されていますが、たくさんある支線はダートです。

お、ここは初めてだけどい〜んでないかい!

ショートですが抜けられる支線も発見できました!


ハーモニーパークに登ります。

お気に入りのショート林道。


ここはこのグリーンカーペットが素敵なんです。

抜けて少し舗装路を戻ると、こんな新しい看板が。

なんかおしゃれな建物が建てられているなぁと以前来た時に思っていたら、なんとCafeがキャンプ場に造られていました。
入ろうかな・・・っと思ったのですが、メニューを見たら、う〜ん・・・。


岩座神に向かう途中の、気になっていた林道調査。

お〜、ここも予想以上にいいのではないかい⁉️

残念ながら2kmほどで行き止まりになりましたが、その先をよく見ると・・・

誰か来てます・・・倒木の右端あたりがタイヤで削れたようになっています。
マシンガンスネークさんあたりが見たらヨダレを流しそうなこの先のルート・・・
入り口まではご案内いたしますが、その先はどうぞご自由に。


427号線に戻り、さて千ヶ峰を走ろうかと思っていると後輪に違和感が!

釘がグサリ!
近くにGSがあったので、場所を借りて修理しました。
実は先日、いつも使っている電動ポンプはシガーソケットから電源を取って使っているのですが、断線でもしたのか、ソケットに電気が来なくなっていたのでポンプは家に置いてきました。
今日はCO2使い捨てボンベが2本だけ・・・
先日の但馬で修理した時は、ボスから手際が良いとお褒めのお言葉をいただいたワタシですが、なぜか今日は手こずりながら何とか復帰。


牧野大池林道を抜け・・

こちらも池は減水気味。
篠山から母子に向かい・・・

母子大池を目指して定点撮影に行くぞーと・・・

これは去年の同じ頃の画像ですが・・

お〜い・・・・水抜かれてますやん!
なぜか今日回った池は、みーんな水が抜かれていました、マジかよ。


がっくりして青野ダム方面に向かうと、まさかの2回目のパンク!
これは、たぶん、ワタシの、作業ミスです・・・
念の為にCO2ボンベでエアを注入してみますが、やはりすぐに抜けてしまいました。
仕方なく2回目の修理を行い、ボンベを使い切ります。
今度はじっくり、ミスの無いように丁寧に作業しましたよ、ホントに!


でもって、しばらく三田のニュータウンを走っていると・・・うっそぉ〜ん💦
なんと3回目のパンクです。


いつも他の人には「パンクを甘くみたり、最近パンクしてないなぁ・・・って思ってはダメですよ!準備を怠るとパンクの神様が現れて罰を与えられますよ!」・・と説いてきたワタシが、まあ今日は大丈夫やろ・・・って思ったのが大きな間違いでした。
もう力尽き、心折れ、レスキューをバイクでは初めて呼びました。
バイク歴46年目にして初めての経験です。


でも三田から自宅まで送ってもらう道中で、ドライバーさんと楽しい会話ができたのは地獄に仏と言えるでしょうか?
バイク乗りでもあるそうですが、何よりハンターということで、冬場はよく養父の大屋あたりに鹿撃ちに行っているそうです。
ずっと不思議に思っていた鹿の習性やらなにやらを教えてもらい、こちらもお返しにいろんな情報を伝えると、とても感謝されてしまいました。


そんなかんなでアップダウンの激しい1日!
ワタシャ楽天家なので、良い経験をした1日だったということにしておきましょう。
🙋🏻‍♂️うほっ




バイク(オフロード)ランキング





絶景ハンター・紅葉の岡山を行く! <後編> 11/11 鏡野町

前編から・・・


このところ拙ブログを読んでいただいて、あの場所に行きたいとおっしゃってもらえることが多くなったのですが、当方としてもとても嬉しく思っています。
お望みとあらば、ご都合の良い時にどなたとでもご一緒いたしますが、ワタシの走りは遅いです😝
もう嫌になるほど、走りの方は上達しません❗️
それでもよろしければ、どうぞ男女を問わず(もちろん女性最優先ですが・・)お申し出くださいね。


さて本編の続きですが、国道482号と交わり右折すると左手に恩原湖が現れてきます。

ここは県内でも有名な紅葉の名所だそうなのですが、それでもこの絶好の天気でありながら人影はまばら。

どこか良い撮影ポイントはないかと探したら、ありましたありました・・

ちょっと逆光なので色目が良く出せないのが残念!
ミラーレスか一眼レフを持ってくるべきだったか・・・


こちらは周回路からどなたでも写せる定番ポイント。
この時は無風で水面とシンメトリーで写せました!


そして道の反対側には・・・

その横から伸びるダートを探ってみましょう。

この辺りのダート路面はまるでアスファルト舗装の基礎のような細かいバラスで、グリップ抜群でとても走りやすいのです。

ほとんどストレートが続く2km弱のピストンでしたが、湖に注ぐ渓流が沿って流れ、とても雰囲気の良いところでした。

その支線も探ります。

ここは今は営業していないスキー場のファミリーゲレンデのようです。
どなたか忘れてしまったのですが、この辺りでマウンテンバイクコースがあったと教えてもらったのですが・・・?

支線の支線も探りたくなるほど、景色は抜群です!

コテージが数棟ありましたが、これはアメリカ製のトレーラーハウス。
これで気に入った土地で移動しながら暮らすのもひとつの夢なんです。
自分の生活棟と、ゲスト棟があったら最高なんですがねぇ・・。

その前は広大な広場で、フラットダートのオーバルコースができそうです。
大カウンター大会で楽しめたら面白いでしょうね!

いくつかキャンプ場があるのですが、そのひとつに入ってみます。

ここもたまらない雰囲気ですねぇ。

一角にあった東屋でランチ。
周りの地面は至る所がイノシシの掘り返した跡だらけ・・・
こんなところでキャンプしたら、きっと夜は賑やかなことでしょう。

スキー場駐車場からのフラットダート。
ここは名前があったかな?「恩原高原スキー場林道」としておきましょう。

すすきと紅葉を楽しみつつ・・

天空へのカタパルトで発射です!

北側の「岩井滝」奥のダートも探ります。
岩井滝にはたくさんの観光客が訪れていたのでパス!
いつかまた、朝イチで訪れてみましょう。

かなりチュルチュルの部分もありましたが、思っていた以上に全長はあり、奥の方まで進むことができました。

途中こんな不思議な岩がありました。
フローティング状態になっているのですが、上には木々が根を張っています。
うさぎやタヌキなどならば、下の隙間が雨宿りにちょうど良さそうでした。


さーて、本日最後のハイライト!

登り最後のところがチュルチュルで苦労しました。
今日は24Gさんを見習って、MT21というトレールタイヤを履かせています。
高速はとても楽な反面チュルチュルにはとても弱いのですが、それはきっとウデのせいもあるのでしょうねぇ。

こちらは東側の風景ですが・・・

南西側の湖の眺めときたらもう・・・

もうキャプションは必要ありませんね。


このところ絶景マニアあるいは絶景マイスターなどと自認して名乗っていましたが、あらためて「絶景ハンター」として商標登録させていただきます‼️
ネタバラシをすれば、この場所もボスから教えてもらったので、上納品でも持参せねばならないのですけどね・・


今週もお誘いしていたA熊さんは、残念ながらお連れすることができませんでしたが、来年はぜひまたご一緒しましょう。
その前の新緑の季節も見事ですし、この近くの絶景アタック天空ルートにも・・・


本日の走行  453km



バイク(オフロード)ランキング







絶景ハンター・紅葉の岡山を行く! <前編> 11/11 鏡野町


オフロードバイクの楽しみは人によりいろいろあるかと思いますが、ワタシの場合は自然を楽しむことに比重が多くかかっています。
愛車CRFには派手なデカールが施されているためか、「走り屋さんですか?」と言われること度々ですが、いーえ全く違います。
今の楽しみ方ならば、むしろトライアル車の方がぴったりだと自分でも思うのですが、諸般の事情で叶いません。


さてさて、この週末は本当に良い天気で小春日和という言葉が完璧に当てはまりましたね。

SNSにあったものですが、これもまさにピッタリ!
今回は岡山県鏡野町周辺の紅葉ツーリングと林道調査です。

去年にも一度来たことがある「越畑ふるさと村」ですが、それは思いがけない発見でした!

この時も紅葉目当てで、最初の目的地は近くの奥津峡だったのですが、これがとんでもなく大外れ。
なにせ安っぽい提灯がずらりと飾られて、自然の美しさはぶち壊し・・・
大型バスで団体客がわんさか来るような場所は、全く興味が湧きません。
がっかりして次に訪れたのがこの場所なのですが、それもたたら記念館(昔の製鉄所)を見たかったからであり、モミジが見られるとはまるで知りませんでした。

今回、対岸の香々美湖周回路から入ったのですが、遠くからでもその美しさには鳥肌が立ちました!
前回は曇りがちの天気だったのですが、この日の快晴の下で見るその風景は夢のようです。

ネットで調べると一週間前には紅葉まつりが行われていたそうですが、この時8時過ぎには地元の方がひとりでお散歩をされているだけ。

自宅からこのまでは160km、ちょうど先週行った但馬牧場公園と同じ距離になります。
まあ、高速料金は1.5倍ほどになりますが、それでも2時間ちょっとで来ることができるこんな場所がもし関東近郊にあれば、きっとここもすごい観光客の数になるでしょう。

頭がボーッとするほど美しさに酔いしれて、夢中でシャッターを押し続けます・・

レッドカーペットがさらに美しさを引き立てますね。

ここにはかやぶきの古民家(カフェも営業)もあって、周囲にはドウダンツツジの紅葉も見ることができます。

遠景です・・、彼方に見えるのは角ケ仙・・良かった〜!ここはぜひ毎年来よう。

その北側に少し気になる道があるのですが、今回は入り口まで。

周辺案内図


林道美作北線(舗装)を倉見方向に進みます。

その道の左右に気になる作業道が数本ありましたが、その中の1本に入ってみます。

悪くはなかったエントリー区間ですが、すぐに怪しげな雰囲気に・・・撤退します。

本命に再エントリーします。
この辺り「巨木の森モデル林」という名が付いているのですが、バイブルによるとこの道は「火方林道」だと思われ、去年に続いて2度目です。
前回は途中ですすきに覆われて完抜けは断念しました。

この林道の美しさ、南側から入っての数キロは群を抜いています!
もうまさに、どストライクなワタシ好み・・・

この分岐は・・右だったかな?

この森はだいぶ落葉が進み、「裸樹」が美しく目を癒してくれます。

そしてふかふかのカーペット路面・・・たまに石や小枝でドキッとさせられますが。


人工的に植えられたモミジではなく、自然に成長したそれも、またそれなりに美しい!


ところが高度を上げるにつれ、この林道はガラリと表情が変わります。

去年よりすすきは枯れ始めているので多少はマシですが、それでもやはり路面が見えなくなり、深い流水溝が牙を剥き始めるのです、道らしきものは続いているのですが・・。
う〜む、やはり攻略するには草の少ない春に来るべきですねぇ・・。
まるでつむじを曲げたら取りつく島もない、厄介な女性のようです。

美しいすすき野原を眺めつつ、県道に戻り倉見のT字路を左折。
かつてはダートパラダイスの「根知遠藤林道」と呼ばれながら、今では素晴らしいワインディングロードとなった道を恩原高原に向かい北上します。


Coming Next・・・・




バイク(オフロード)ランキング







紅いのはお好き? 森の京都・美山へ 11/7

いきなりどどーんと並べてみました。
桜の季節と紅葉の季節は、日本人は誰でもテンションが上がりますね!
但馬の高という字がつくお方は「ワシャ裸樹が好きじゃ!」などとおっしゃっていましたが・・


さて久しぶりのアフリカツインであります。(所有バイクの大きい方)
うっかり自分がアフツイ乗りだということを忘れておりました。
元々アフリカツインを先に買い、「これでいきなり知らない林道を一人で行くのは無謀だ!」っと思って後から買ったのがCRF250Lでしたが、250に乗ってしまうとやはりいろんな意味で止められません。
で、最近はすっかりオンロードツーリング用となってしまったアフリカツインで、今日は一足早い紅葉めぐりです。


まずは準地元の篠山、籠坊温泉から。

ここの公園は大好きな所です。
大イチョウはすでに落葉していましたが、もみじは半分くらいの紅葉か?

しかし、三ツ矢サイダー源泉前は良い感じ!


173号線を越えて瑠璃渓へ

やはりこちらも少し早かったかな。


閑話休題
54号線で天通湖を過ぎると長い下りで瑠璃渓を過ぎ、T字路を左折してからの372号の「るり渓口」までのはロードバイク(自転車)乗りにとっては至福の区間です。

滑らかな路面の下り基調は、中級者以上ならば60km/hを維持することも可能。

さらに天引から原山峠出入口を過ぎて園部中心地へ向かう田園地帯はロングランコースに最適で、以前はよく練習に来ていました。


日吉を過ぎ、A熊さんから教えていただいた場所へ。

汗かき隊長さんのテリトリーだそうですが、確かにこれは素晴らしいポイントです!
もみじの紅葉というのは標高(気温)に左右されるだけでなく、陽当たりにも大きく影響されますね。


京北を越えて花背へ。

交流の森には黄葉の美しい木がありました。
隣は紅なので、地面ではミックスされています。

花背から広河原に向かう川沿の道は、初めて通った時には本当に感動しました。

銘木の北山杉に囲まれているのですが、雰囲気はカナダの様なんですよ。

道路と川面の高低差が少ない珍しい区間です。

佐々里峠を登ります。

登り切って南丹町側に入ると広葉樹が多くなってきます。

オフロードバイクを始める前は、40年余りオンロードバイク(この場合エンジン付きの意味)に乗っていましたが、半日ほど時間が空くと、よくこの峠に来ていました。

こんな日なたの部分は良いのですが、今日は一部ウエットな区間があり、日陰で落ち葉が積もっている路面は極めてスリッピーで肝を冷やしました。


佐々里八幡宮を左折すると、右手に素敵な茅葺き屋根の古民家があります。
いつ見ても素晴らしい!かなり理想的なのですが、売りに出されないかなぁ〜。


林道(舗装)大川上線を奥へと進むと・・

フライフィッシャーには有名なゾーン。

今は禁漁期間でひっそりとしています。

八丁出合の川原も、大雨の被害で大木が倒れていました。

これは4年くらい前の画像でしたか・・すっかり様相が変わってしまいました。


引き返して芦生の森に・・
実はこの辺りのこのルート、先日汗かき隊長さんも同じ様に走っておられたそうです。

で、同じ様にヨダレを流しながら恨めしく、禁断中の禁断林道の入り口を眺めます。
車やバイクはもちろん、自転車もNG、徒歩でも厳しく制限されています。


河原に見える黄色い四角組みが分かりますか?
あれは「花背の松上げ」という伝統行事に使われるものです。


ワタシもまだ実際には見たことがないのですが、いつかこの目で見たいものです。


丹後舞鶴にそそぐ由良川の上流です。

この好きな場所も外側は無粋な護岸工事を施されてしまったのが残念です。


かやぶきの里へ向かう途中にこんな素敵な古民家もあります。

この地方独特な建築なのですが、二階の窓の形は他と少し違います。
しかし、今でもアルミサッシなどに替えておらず、とても美しい状態を保っておられます。
以前、かなり真剣にこのあたりにも移住することを考えていたのですが、もしこんな家が売りに出されていれば即決してしまいそうです。


自然文化村キャンプ場に入ってみると・・


おやまあ!こんなところにも沈下橋があったのですね!

京都は市内中心部にどうしても関心が集まりますが、実は大原〜鞍馬から北のエリアは本当に自然が美しいところなんです。


もうすぐ「かやぶきの里」

あの有名な白川郷と違い、今でもほとんどのかやぶきの家では住人の方々が生活をされています。
ここは特に集中している集落ですが、美山町全体では日本一かやぶきの家の数が多いそうです。

道の駅で鯖すし、太巻き、いなりのセットを買って河原でランチ。

大野ダムへと向かう途中にこんな物件もありました。
すぐに営業できそう・・・?

春は桜が美しい公園。
人がほとんど来ないので好きなんですよ〜。


そして最後は大野ダム。

もみじイベントはこちらです ↓


17,18日では遅過ぎでないかなぁ?


村上ショージでコーヒーブレイク。
升谷は眺めるだけで走りません!
でもこの時、聞いた覚えのある様なエキゾーストノートが・・・ん、あのお方かな?


お姿は確認できないまま、篠山に戻って帰路に着きます。

え、まだ売っているの?

以前ならばとっくにシーズン終了なはずですが、今年は生育が遅かったせいなのか、それとも人気うなぎ上りのせいなのか・・・

関西以外の方に説明しておきますと、丹波篠山名産の黒豆(おせち料理によくある、あの黒豆)を早取りして枝豆として食べるようになったのですが、これがもう最高に美味いんです!
ワタシも最初にこれを出された時は「これ腐ってるんちゃうん?」などと言ってしまいました。
見た目アレですが、高いものは1kgで2000円くらいのものもあります。
ワインの原料のブドウのように、畑でランクがあって、最高級は原産地区の「川北」産です。
人気が出はじめたのは20年前くらいからでしょうかねぇ。
今では解禁の季節になるとまるでお祭り騒ぎとなります。
今回の分はさすがに発酵臭?がするものもありましたが、ホクホクで大変美味でありました!
さらにデザートで豆大福の美味いことったら・・・!


11月の休みは天気さえ良ければすべてツーリングに費やしたいのですが、今日は寒くもなく暑くもなく快適で素晴らしい1日でした。
日曜日は但馬にするか・・・やっぱり岡山か・・う〜ん鳥取か⁉️



バイク(オフロード)ランキング

デカ鼻テツオ君


絶景マニア集合! 11/4 新温泉町


恋人、夫婦、あるいは同性の友達でも、やっぱり価値観が共有できるっていうのは嬉しいもので、お互いの繋がりがより深くなりますよね。
小さくても大きくても、感動という栄養があれば人間をやっていくのも悪くはありません。


な〜んて少し哲学的(?)なことでスタートしましたが、今回もまた7人編成のマスツーリングのお話です。

9時に但馬蔵の集合・・言い出しっぺの〇〇さんは15分遅刻です。
コーヒー飲んでしまって、途中トイレに何度も・・って弁解していましたが、お互いこのトシになれば膀胱の周りの筋肉が緩んでくるんですからっ!
そう言うワタシもテキメンなので、冬場はグッと我慢してポタージュスープを飲むようにしています。
体の温もりも維持できて一石二鳥、おすすめします。


さて今回は初めてお会いする方も3名来てくださいました。
その中にはなんとオフロード歴50年という大ベテランの24Gさんも!
お世辞抜きで大変お若く見えて、まるで実際のお歳とは思えません。
どんな走りを見せていただけるのか、大変楽しみです。

9号線を一気に北上し、春木トンネル手前を左折して柤(けび)大池公園で紅葉のチェック。
もみじはほんの少しまだ早かったようです。


牧場公園を抜けて中辻肥前畑林道へ入ります。

この辺りは広葉樹の紅葉が見事です!

しばし自由行動で好きな場所での写真撮影。

針葉樹と広葉樹のコントラストも美しいものです。

記念碑で再集合。
今日は珍しく、他のグループの方達とも遭遇しました。
お会いしたのは岡山からの御一行のようでしたが、ビッグオフのグループも先行されていたそうで、一部ガレガレ区間がさらに酷くなっていたのによくぞ無事に通過されたものです。

前日の天気予報では終日晴れだったのですが、この日は時折アヤシイ雲に覆われていました。
もしや・・・と思ってはいましたが、後であの雨男さんが近くを走っていたことが判明、やっぱりね。


肥前畑で折り返すように103号線で岸田方面に向かい、三叉路分岐を左折して上山高原へ。
またいつものように、グループで走るときはあまり写真を撮りません。
なので今回もこのブログは書くのを止めようかと思っていたのですが、過去の画像を流用してごまかします。

これは前回8月に行った時の風景。
今は銀色に輝くすすき野原が見事です。

ベンチでラーメンランチ。
プチアタックをしてみたい所があったのですが、この日はキャンプや登山の方も多かったので自粛しました。


その後再び岸田方面に戻り、9号線から47号線を北上して263号線を左折。
バイガモ公園を抜けて「竹田甚白細見谷林道」へと進みます。
ここは香住や浜坂方面に向かう際に使えるダートなのですが、案外知る人ぞ知るマイナーな林道です。
ワタシは過去1回、ボスでも数回しか走ったことがないそうですが、前回途中で休憩した時は、いかにも熊が出そうでエンジンは切ることができませんでした。

展望ポイントは無いのですが、とても秘境感のある良い林道で、皆さんにもとても好評でした!

電波塔から西へ迎えば坂本林道と続き、舗装林道の池ノ尾線と合流しますが、今回は竹田集落へ下ります。
9号線を少し走り、「のんきや湯村店」の横を入ると草太林道に繋がります。
ここはわりあいのどかなダートでビギナーでも楽しめるでしょう。
今回の画像は無しです🤷🏻‍♂️


抜けたところでさあどうしましょう?と相談すると、chiharuさんから「東ハチお願いします!」とのリクエスト。
以前にA鹿山の絶景ポイントへのアプローチの仕方を教えてもらったので、そのお返しができるチャンスです。
chiharuさんは同じ絶景マニアなので、どうしても雪が降る前に行きたかったようです。
A熊さんは先週と、そしてなんと昨日も行かれており3連チャンとなりますが、それでも大いに賛同してくれました。

今日は雲が多めでしたが、それでもかなりご満足いただけたご様子・・
そうでしょう、そうでしょう・・この風景を眺めて感動できない方とは決してお友達にはなれません!


さて時刻は4時前、解散場所の但馬蔵に向かおうとしていると・・・

先週のワタシに続き、今回はAMAさんにパンクの神様が降臨です!
いいですか皆さん・・パンクを甘くみたり、「最近パンクしてへんな〜」と心の中で思うだけでも神様は現れますよ。


先週ワタシが修理している時に下ネタで強い脱力感を味あわせてくれたA熊さんは、また今日もイッパツかましてくれました。
しかし今回は外野にいたので思い切り笑えます!


一方、終始見事なライディングを披露していただいた24Gさんはここでも大活躍!
こんな海千山千の達人とご一緒できたのは何よりの経験となりました。
自分自身、あと何年こんなことができるのだろうと思い続けていましたが、一つの指標ができたような気がします。


バラエティーに富んだ、とっても素晴らしいメンバーでした!
またどうぞよろしくお願いします。


ところで他のSNSではすでにアップしていますが、ワタシのもう一つの趣味の料理画像。

スパゲティ・トマトソース・バジルとひとくちモッツアレーラチーズ入り

平打ちパスタ(バヴェッテ)・ツナのトマトソース


作り置きタイプでのトマトソース2品です。
いつかライダースハウスを開くという夢が叶えば、こんな料理をお出しします!
ワタクシ一日一麺主義ですが、そんな同好の士がおられれば是非どうぞ!




バイク(オフロード)ランキング



野生のタヌ吉くん、猫たちのご飯を羨ましそうに眺めています。