苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道あれこれ

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

イッツ・ア・パーフェクトデイ! 後編 4/13 養父・豊岡

前編からの続きですが、後編はいつものごとく、あの二大バイブルのひとつ『鳥取周辺の林道ナビ』に事前リサーチでお世話になりました。

特にこういったマイナー林道は情報が少なく苦労しがちです。
検索するとブログではG熊さんの記事がヒットしただけです。
前述のサイトは極めて淡々と感情を交えず、記録ということを主眼とされているので、時に読み解くことを誤ります。
いえ決して落胆するよりは、想像以上に素晴らしく、もっと早くに来れば良かったのにと思うことが度々ですが、さて今回はどうでしょう?


まずは金剛寺畑上林道からエントリーします。

初めての林道は、たいていこの地図をベースにして、次にGoogleの衛星画像とストリートビューでどこから入るのかを確認しておきます。
林道の入り口に案内などがあるのはごく稀で、中には民家の敷地入り口と間違えることもしばしばあります。

大トチノキ(群)!
見てみたかったですが、だいぶ奥の方にあるようでさっぱり分かりませんでした。

う〜む、好きなタイプの林道ですね〜!

と思っていたら1kmほどのところで・・・
でも大丈夫!左から簡単にエスケープできました。

杉の枯葉が堆積した土質路面は優しくて好きなんです。
舗装路面の上に積もると滑りやすいですけどね。

緩い勾配で登って行きます。
ここはビギナーの方でも安心して走れますね。

ただ頂上付近に出てもパッと開けた展望はなく、こうして樹々の間から日本海が望めるだけです。
まだ今の時期ならば良いですが、新緑から落葉までの間で景色を楽しむのはもうひとつかもしれません。

豊岡の市街地方面も背伸びすると眺められます。

でもでも、空は広々と気持ち良いですよ!

これから梅雨が来るまでの間の青空を、今年はいったい何度楽しめるでしょう?

好きな山ツツジも咲き始めました。

竹林が現れ始めたのでもうすぐ終点でしょうか?

いえいえ、さらにまだ続いていました。

なかなか距離もあり走り甲斐がありました!
しかもプチアトラクションあり、しっとりとした良い林道です。

金剛寺の集落を抜けて県道548号にぶつかる角にこんなお店が・・
今は廃業されているようでした。

次の目的地に向かう途中に大好きな土手道があり、遠くに鉢伏山?が望めました。
さてお次は矢次山周辺の林道群。
とても複雑そうなのですが、果たして予定通りに抜けられるのだろうか?


宮井地区からエントリーすると超絶フラットが伸びています!
あまりの素晴らしさに言葉を失いました。

道の傍らにはせせらぎが流れています。

ジメジメした雰囲気はなく、とても明るい林道です。

分岐が現れ、左に進路を取りましたがこれは失敗!

先ほどの林道と同じように、ところどころで遠景が見え隠れしています。

路面には重機や作業者の跡はありましたが、伐採作業はどこにも見当たりません。
オフロードバイク先行車のタイヤ痕があるような、無いような・・・

分岐ごとに看板はありましたが、標柱で確認できたのはこれだけでした。

ここもなかなか展望が開けた場所は見当たりませんが、どこかスカっと見える場所はないのでしょうか?

それでもこの時期ならではの樹々の表情が美しい。

四つ辻に出合いました。
画像では分かりにくいですが、大いに悩んだ末に右に進んだのですが・・・

それにしても深〜い林道でやや不安になってきました。
際立って勾配のきつい箇所や、荒れたところがないのが幸いです。

季節のよってどんな表情に変わるのか、とても興味が湧いてきました。

いいな〜、なんでこんなに良い林道があまり知られていなかったんだろう?
兵庫北部といえば氷ノ山という全国的にもメジャーな場所があるので、どうしてもそちらに目が向きがちになるのでしょうね。
今のところ北近畿豊岡道も日高神鍋までですが、全線開通して豊岡まで伸びれば俄然アクセスも良くなります。
実質的な距離も新温泉町などと、我が家からはほとんど変わりません。

しか〜し、出たかった方向にはたどり着けずに、予定外の集落に出てしまいました・・・

引き返して探ろうかとも思ったのですが、ガソリンの残りがやや不安。
ま、美味しいものを一気に食べるよりも、じっくり味わうのが私好み!
もう一度情報収集をしてから再チャレンジしようと思い、まずはボスに聞いてみると・・

(くっそー、あのオッサン隠していやがったのか・・・)
あ、いえいえ独り言ですから気にしないでください。
あの方は向こうからはゴリ押しする性格ではないので、今まで聞かなかった私が悪いことにしておいてください。
逆に私はついついお節介と大げさなもんで、このブログを読んで実際に行って見られると落胆されることもあるかもしれませんが、その辺の責任は一切関知致しません!


いやしかし今日は変化に富んでいて面白かったな〜!
最初の畑林道はドキドキハラハラだったし、来日岳は絶景だったし、金剛寺や矢次山周辺は走り応えたっぷりだったし・・・


それでも早起きしたおかげでまだ少し時間があるので、床瀬経由で神鍋方面に向かいます。
途中の小さな公園の桜も見事でした。

床瀬の蕎麦屋にもまた来たいなーと思いながら、135号線のワインディングを走ります。
この区間は本当に気持ちの良いコーナーの連続です。

そして最後は通称「万場アタック!」
あの林道店長さんのブログの中での名作回は、本格的にオフロードを始めるひとつのきっかけになりました。
フェイスブックの記事で知っていましたが、まだ蘇武三川線には残雪が30cm以上残っているそうです。

何度来て見ても、ここの風景は素晴らしい!

でもって最後はお約束のポーズ。
連休前に瀞川氷ノ山と合わせて走れるかどうか・・・
あの雄大な風景が早く見たくてたまりません。



バイク(オフロード)ランキング



イッツ・ア・パーフェクトデイ! 前編 4/13 養父・豊岡

先月、養父の未踏林道調査の時に訪れた桜の名所「畑ケサカ公園」の開花状況を毎日チェックしていましたが、昨日ついに「満開」に変わりました!
養父の桜といえば樽見の大桜が有名で訪れる人も多いですが、こちらはほとんど訪れる人は少ないながらも、思うような写真が撮れるように4時起きしました。

するとこんな光景が・・・陽が昇る直前が美しいです!

養父ICから10分もかからないのですが、県道から細い舗装林道を登らなければならないので、普通の人にはややハードルが高いのかもしれません。

期待に違わず完璧です!
もうキャプションは要りませんね・・・

こちらは同じ場所、先月20日に訪れた時の画像です。
いや〜素晴らしい!
休みの日と、満開のタイミングと、そして青空がピッタリと合いました。

さあ、それではその隣の谷筋にある畑林道を再調査しましょう。
前回は途中で雪に阻まれました。

あのバイブルにも載っていない、そしてあのボスも知らなかった?という秘めたる林道。

エントリー区間の滑りやすい簡易舗装から土質の明るいダートになります。

前回はあの尾根付近に残雪が見えており、おそらく道が続いているのではないかと予測しましたが・・・

広いダブルトラックから、次第に道幅が狭まります。

どんどん高度を上げていきます。

ところどころこのような大小の落石が多く、ちょっとビビります。
ビギナーの方にはオススメしません。

こんな区間は気持ち良いのですが。

さらに高度を上げると・・・

出ましたー!

思った通りです、感動します!

オフロードをやっていて良かったなあとしみじみ思う瞬間ですよね。
私の宝箱にまたひとつ宝石が増えました。

先ほどの画像でこの尾根を眺めていたのが矢印の場所です。
さらに先に進もうとすると・・・・

平坦から下に入る手前で・・・現れやがったか

厄介な株立ちの倒木でしたが、2本切って通れるようにしておきました。
99%この道はループで戻ると予想しますが、私はここで撤退です。
ソロで、しかもこんな誰も来ないところで絶対リスクは犯しません。
あとはボス、お任せします!
もしくは神鍋衆の者どもよ、いざ全てを明らかにしておくんなまし!

ふと足元を見ると・・・これって熊のモノでしょうか?
お詳しい方がおられたら教えてください。

気になったのはこの尾根の向こう側。

歩いて登れるところを探してみれば、やっぱり冠雪した神々しい氷ノ山が眺められました。

一旦戻り、分岐左のルートからループであることを確認しようと思いましたが、これはソロではくぐるのは無理でした。
この後もいくつかの探索をする予定なので体力は温存することにします。

途中には美しい乙屋不動滝があります。
きっとアマゴも棲んでいるのだろうなぁ・・

最初に戻ると、県道136号線のこの場所からエントリーします。
養父ICからだと、小さな神社の先です。

312号線のやや長いリエゾンで豊岡方面に向かいます。
途中、円山川河川敷の美しい広がり!
豊岡というと関西の中でも1、2を争うほど夏は高温、冬は厳寒で有名です。
住んでいる方には大変失礼ですが、どうしてそんな所に暮らしているの?・・・って私ずっと思っていました。
でもあらためて来てみると、本当に美しく素敵な地域でありました。
大きな河が流れる街って良いですね!
山あり海あり河ありで、きっと美味しいものもたくさんあるのでしょう。

来日地区から舗装林道を一気に駆け上がると・・・ドッカ〜ンとこの風景!
先ほど走ってきたルートが一望できます。

何度かボスのブログでは見ていましたが、雲海でも有名な来日岳山頂です!
gonzooさん!画像には入れていませんが、この背後には貴殿のお好きな電波塔がいくつかありますよ〜。

角度を変えると城崎の先、円山川河口の気比の浜方向が眺められます。

支線で大師山の山頂へと向かいます。

この支線は2kmほどですが、この山のダートの中では最も気に入った区間です。

ロープウエイ駅に着くと、そこが終点です。

ちょっと失敗だったのは北から入れば登りダートで、もっと面白かっただろうなと思うことでした。

そのダートもところどころ古い舗装が残り、あまり楽しいコンディションではありません。
でも、あの山頂からの絶景が見られるのならば、そんな不満は誰でも吹っ飛んでしまうでしょう。

城崎温泉を通過します。
思えば元妻とおよそ37年前に婚前旅行に来て以来・・・
読者の皆さま、もしご存知なければぜひ一度訪れてみてください、素晴らしい雰囲気ですよ。

山頂から眺めていた河口付近。
リバーシーバス、もう一度やりたいな〜💦


続きはまた明日、すごーい展開に乞うご期待‼️


To be conntinued‼️




バイク(オフロード)ランキング



平成31年春 桜 4/7 多可・丹波

毎年この時期はまる一日かけて、お気に入りの桜の美しい場所を回って楽しんでいます。
そのほとんどはあまりメジャーではなく、なるべく人の少ないところを選ぶのがキモです。
普段から林道探索をしている時に、ここは桜の時期に来たら綺麗だろうなあ・・・という場所を頭の引き出しの中にキープしています。
とは言っても、天気と休みが桜の開花とぴったり合うのはなかなか難しいものです。
今日も前日の朝までの予報では、昼過ぎから雨模様と出ていましたが、当日の予報は傘マークが消えています。
まああまり当てにしないで、昼まで勝負と見込んで早出しました。
でも欲張ってたくさんの場所を回りたいので、林道は最小限にしました。
なので今日のブログはサラッと短めに、画像中心にしておきましょう。


まずは丹治・春蘭荘さくら公園。
ここに着く直前に、鹿が道路の右側から急に横切ってきて、もう少しでぶつかるところでした・・・あぶねぇ〜!

ちょっと満開にはタイミングが早過ぎだったようです。
ここの良さは木の近くに横付けできることなんですが、残念ながらイマイチでしたね。



神崎南IC付近


鶴居美佐林道

先日来たばかりですが、後から復習していたら支線をひとつ調査するのを忘れていました。

結果、支線はショートピストンでしたが、やはりここは良い林道です。


その近くの正法寺

バイクが乗り入れられないのが残念でしたが、素晴らしい枝振りです。

神河・水車公園前

生野大河内、無名の公園

ここは地元の人でも知る人は少ないのでは・・・穴場中の穴場です。

大好きなピストン林道カクレ畑線の連続ヘアピン。

豪雨被害の後、初めて訪れましたが、思っていたよりは荒れていません。

その近くの小さな公園

県道8号線脇の越知川の並木で昼の休憩

デザートはwaccaでピスタチオのジェラート。
いつも絶品ソフトクリームばかりでしたが、初めてのジェラートも抜群でした!


その後、県道を走っていると今度はハクビシンがヨロヨロと、なぜか路面の匂いを嗅ぎながら目の前を横断・・・また危うく轢きそうになりましたが、いったい今日はどないなっとんねん?

倉町野(丹羽少年自然の家)

青垣周辺

最後は青垣〜氷上間、加古川水系沿の長〜い桜並木

出だしがやや肩透かしでしたが、その後はまずまず。
結局、天気は夕方まで晴れ間がありましたが、春かすみがかかっているようでした。
まあ、すべて100%とはなりませんでしたが、今年も桜を楽しむことができました。
来週は養父のあの場所が見頃を迎えていることを願って止みませんが、さてどうなることでしょう?




バイク(オフロード)ランキング



至福の時 新規探索は予想を超える 3/31 北播


今日の天気には大勢の方が悩まれたのではないでしょうか?
サイトによってバラバラだし、ほんの隣の地域によってもまちまち・・・
とにかく北部が悪いことだけは確かなので、県中部地域の新規探索に決めました。
以前から目星を付けていた地域なのですが、改めてリサーチをしてみると、やはりあのバイブルにはこんな記事があるではありませんか!

ほお!
この近くには昨年、移住先探しで見学に来たことがありましたが、こんな素敵なところがあったとは!

七種滝の案内に従って進むと、青少年野外活動センターの横を通っていきますが、その前の綺麗な池のほとりで、なんとアヒルさんと鴨さんが仲良く日向ぼっこをしています。

アヒルさんが自生している訳はないので施設に飼われているのでしょうが、鴨さんはどうして・・・?
私の夢なんですよねぇ・・・、自宅の敷地内で水鳥とヤギを飼うことが。
近くに寄っても逃げないくらい、人にも慣れているようでした。

それでは奥へ進みましょう、この辺りとてもハイカーさんが多いです。

gonzooさんのブログにもあるように分岐がありました。
右は林道ですが、まずは左の滝方向に進みます。

山門を通過して・・

車道では行き止まりの場所に駐車。
ここから滝までは300mほどだそうなので、フル装備のまま歩き始めます。

太鼓橋を越えて・・

結構キツイ登りです!
しかし、水量少なくね?

この辺りで水爆が上がって滝の音がするはずですが・・・

あ〜やっちまいました!
ほんのチョロチョロしか流れてませんや〜ん。

*ネット上より画像拝借
こんなはずだったんだけどなぁ、残念、また再訪しましょう!

先ほどの分岐に戻って小滝林道を走ります。

全長2kmほどですが、最初の半分ぐらいがダートのスーパーフラット。
残り半分が簡易舗装です。

その先は登山道になるので進入禁止!

戻る途中に別荘村があり、その中の一軒にこんなシュールな案山子?


「峰の薬師」という支線に入ってみます。

なかなか良い感じではあります。

ところで今回リアタイヤを交換するにあたって、初めてVee Rubber(ビーラバー)の 
VRM-211B・140/80-18 を購入しました。
印象は非常に良く、しなやかで滑り出しもコントローラブル。
舗装路でも腰砕け感や、縦溝などでの違和感もほとんどありません。
これで寿命がそこそこ長ければ、これはもう定番として採用です!

さて、この支線は2km足らずで行き止まりになりましたが、こんな素敵な空間が待ち構えていました。
美女とふたりでバラの花をいっぱいに浮かべたホテルのバスに入るよりも、林道の奥で椿の花が敷き詰められた広場でくつろぎたい・・・なーんてウソです。

ゴホン、続いて2本目は今日の本命となるでしょうか?
場所は鶴居駅の西側になる「美佐」という地区です。
意味ありな名前ですね〜(?)

ゲートのすぐ奥に運動公園があります。

ダートに変わると道沿いには古い石垣がありますが、どうやらここは別荘の分譲地として売りに出されていたようです。

天気予報の通りに、晴れたかと思うとすぐに黒い雲が流れてくる状況です。
この道の脇にはいくつもの巨岩が点在していて、それぞれに名前が付けられていました。

河原に降りられる場所がありましたが、ハンターさんが獲物を処理したらしく、鹿のものらしき体毛が散乱しています。

とても良い感じの林道で道幅もたっぷりとあります。

オチツキ岩は本当にどっしりと落ち着いていて、足形岩は見る角度で足そのものでした!

どんどん奥へと進みます・

リサーチ通りに分岐に出ました。
ここは左に進み、また右へと別れて進むのが正解だったはずです。

まずは左の奥へと進んでみます。

やはり1kmちょっとで行き止まり。

戻ってその途中のヘアピンから右へ入り直します。

う〜んシダが美しい!
近くの「医者どん道」と見間違うような雰囲気になりました。

かなり先は深そうです、今日も大当たりが出るのか?

視界が開けてきました!

方角的にはこうなります。

空が暗いのが残念ですが、これは間違いなく大当たり!!

この表示板を過ぎると・・・

行き止まりになりましたが、入り口からは6km近くあったので、私の基準ではピストンとしては最上級クラスです。

戻り分岐の右を探ります。

こちらも雰囲気はとても良いのですが・・・

2キロ足らずで行き止まりでした。
しかし支線の往来を合わせて全体で12km以上楽しめる喜びはこの上なく、今日も成果が出たことに大満足です。

ただし注意することは、このエリアは例のトゲトゲがとても多いことです。
今はまだ厚手のジャケットを着ているから無事ですが、夏場などにメッシュのMXジャージなどでこいつにやられると服はボロボロ、体は血だらけになります。
くれぐれもゴーグルなども外して走らないことですぞ!


そして支線調査も終わり、次に向かおうかとした時に空が急に晴れてきました!
こりゃもう1往復走ってみるしかないわな、と思いながらメインのルートを快走します。
そうして撮れたこのショット!

やっぱり青空が見えればテンションは上がりますよね!
楽しかったなあ〜、この一本。
これだから新規探索は止められませんよ。
どうです、ピストンはなぁ・・・などと思わずにどんどん新規探索をしてみませんか?
アクセスの良いところで楽しむのもアリですが、誰からもクレームなど出ないところでノビノビと宝探し気分で走るのは楽しいですよ!

さてさて3本目はどうでしょう?
もう少し北上して、「はにおか運動公園」の奥からエントリーします。

う〜ん、ガードレールはあるのですが廃道のような有様です。

夏場だったら草が伸びて絶対に入れないでしょう。

このアトラクションは苦労なく越せましたが・・・

くぐれそうですが、な〜んか嫌な感じがしてなりません。
どうも「邪気」が流れているような空気感なので撤退します。
しかしこの道は何なんでしょう?
今は使われなくなった町道か何かなのでしょうか?

8号線に戻り、こっとん亭・水車公園の前の桜並木を通りましたが、まだつぼみ状態でした。

上岩地区からのルートを探り、先ほどの道と繋がっていないか検証します。

こちらも道幅はたっぷりとある、明るい林道です。

分岐があり、右はガレています。
この先は画像では行き止まりとなっているようです。

やはりそうでした。

別のルートに進みます。

こちらは8号線と並行しているようで、下から車の走行音が聞こえてきます。

いいですね〜、もしかすると完抜けができるような気がしてきました。

などと思っていると・・・

ゴッツイ倒木が、しかも斜めに横たわっています。

太さは50、60cmほどあります。
3人いればバイクを持ち上げてでもクリアできるでしょうが、一人では崖落ちしかイメージできません。

その先もまだ続いていて、ここさえクリアすればというところなんですが・・・

位置的にはココになります。

一旦引き返しますが、この入り口ゲートのカンヌキが固いこと!

先ほどの運動公園手前にある老人ホームの横からエントリーしてみます。

はるか前方が「医者どん道」のある山ですね。

予想の通り、こちらも道の下には8号線が走っています。

そうそう、雰囲気は先ほどと全く同じです!

やっぱり!
今回は通り抜けはできませんでしたが、完抜けできる林道の発見です!
ここは私的権限で「比延上岩林道」としておきましょう。

空模様が怪しいので、早めに帰るか〜と思っていたら、林道レーダーが作動!

馬船松山というところに登るハイキングコースのようですが・・・

悪くはないですね〜。
途中、養蜂家の方にお会いしたので聞くと、あと少しでドン詰まりとのこと。


確かに入り口から2kmほどで、その先は登山道になりました。

こりゃトラ車でも無理ですね。

今日は新たに林道を見つけられただけでなく、満開になっていればどれほど美しいことだろうと思える桜の場所にもいくつか出会えました。


かろうじて三部咲き程度だったのがこちらの樹。
来週末くらいがこのエリアの見頃となるのでしょうね。
是非とも好天になってくれることを祈ります!


そして今日も安全に楽しむことができたことを山の神々に感謝です。




バイク(オフロード)ランキング


鬼伝説の大江山で絶景林道を探せ! 3/27 福知山・宮津


先日の日曜日はワタクシ的には珍しくグループでのフラット林道ツーリング。

定番の笠形山から千ヶ峰、黒川新田から粟鹿山という兵庫県中央部を貫くルートを走ってきました。

先日訪れたvero cafe でカレーをいただき・・

お気に入りの場所にご案内をして・・

休憩もほどほどに、この日は走りを楽しんだ一日で、メンバーはA熊さん、きざみうどん大好きさん、えろ爽やかに行こう♫さんでした。


そして本日水曜日は初めての大江山です。
京都北部、宮津の南に位置し、鬼伝説で有名な処です。

調べてみると、ここは地元の林道店長さんも以前から来られていたようですね。
路面は一部舗装化も進んでいますが、それ以外のダート区間もスーパーフラット!

エントリーからいきなりの絶景が続きます。
ここからそう遠くない、あの若狭幹線林道にも雰囲気が似ています。

いたるところに展望ポイントがあり、嬉しいことにそのような場所は見晴らしが良いように伐採もされています。

遥かに見えるのは宮津湾・・・と言えば、そうここは天橋立が見えるのです!

矢印のところがそれですが、お分かりいただけるでしょうか?

一応、林道としてはここが終点のようです。

うん、少し高度が下がりますが、近くなるのではっきりと分かりますね。

その先は木々に囲まれ、幅員も狭くなります。


出合という場所で支線と交差しました。
それにしても「出合」と名のつく場所は全国でいくつあるのでしょう?

さらに2kmほど進むと・・・

大きな落石が現れ、その先は・・・

あちゃ〜、これはトライアル車でも無理ですね。
実はこの林道のことを調べていると、複数のマウンテンバイカーさんが完抜けをしているのです。
あわよくば、と思っていましたがこれは撤退!
しかし自転車であれば担いで抜けられそうですよ・・・この先にこれ以上の崩落が無ければですが。

仕方なく引き返しますが、もう十分に満足できる1本でした。

すぐ近くの舗装支線を登っていくと、まるで UFOの基地のような建造物が現れました。
ここは航空管制塔だそうで、以前にchiharuさんのブログでも見ていました。

手前のダートを少し走るとこんな場所に・・・

ここは「鬼の岩屋」という場所の近くですが、ハングライダーのフライトポイントでもあるそうです。

基本的に、一人で完結できないアドベンチャースポーツにはあまり興味はありませんが、一度くらいはインストラクターとの二人乗り?で飛んでみたくなりました。
これはその時をイメージしながら瞑想しているのでございます。

登ってくる途中のダートに入ってみると、おや、先ほどの林道入り口にあったスキー場ゲレンデに出ましたぞ。

このスキー場はすでに閉鎖されていて、メインのゲレンデは太陽光発電に使われています。

おそらくこちらはサブのゲレンデだったのでしょう。
これは楽しい!
夏草が伸びたら難しいでしょうが、今の季節ならではのダウンヒル&ヒルクライムが楽しめます。
スキー場によくある排水溝も丸太で塞いであるので安心です。

府道側の入り口がこちら。
一応チェーンが張られていますが、ここはシロでしょう。

先ほどの崩落の先、林道の出口と思しき場所がこちら?

サンダーおいおいさんが涙しそうな石畳の古道ですよー!

与謝野に向かって下る途中にある林道の入り口。
ここも事前調査では上の入り口はガードが固いのですが、出口はフリーのようなのでそちらに向かいます。

途中ポツンと桜が咲いていました。
ポツンと言えば人気急上昇の「ポツンと一軒家」ですが、あの番組の中で出てくる林道に、スタッフも演者もわーわー言っていますが、林道を見慣れたオフローダーにとっては「それがどーした!」のレベルですよねぇ。
でもあんなにドラマ性があるとは驚きで、もちろん毎回楽しく観ているひとりです。

話を戻して、出口方向に進むと・・・ざーんねん!崩落の修復中でした。
このエリアも昨年の豪雨被害が大きかったようです。
実は最初に予定していた1本もガードが固く入れずで、今日はここまで1と1/2勝2敗。
4本目はどうでしょう・・・?

与謝野町岩屋という場所にあるこのダートは、Googleの衛星画像で見つけました。

うほっ、また今日も当たりが出たのか!?

あ〜いいですねぇ、これくらいの作業道規格の道が好きなんです。

人工物が何もないのが良いのですよ〜!

すると、とんでもない迫力の巨岩が現れました!

素敵だなぁ・・・・苔も美しい!
ほとんど地元の一部の人にしか知られていないのでしょうが、きっとここにも神様が宿っているのでしょう。

分岐を左に進むと小さいため池が現れました。
まるで大蛇が現れそうな神秘的な雰囲気を醸し出しています。

戻って分岐を右へ・・・

本命はこっちか!

美しいウッズのエリアです!
そして・・・

ヤッター!今日も鳥肌モンの展開になってきました!

どんどん奥へと進みます。

路肩は所々崩れたり、クレバスができているので要注意です。

下る先にも道が見えます。

分岐に出ました、三本に別れています。

左上に進むと・・・

すぐに行き止まり。

アトラクションを超えて真ん中のコースに進むと・・・

どんどん下っていきます。

これはもしかするとループか?それとも完抜けか?と確信しかけたのですが。

無念!ピストンでした!!

戻って分岐を探ります。

こっちもいいかも・・?

気持ちの良い森ですが、こちらも行き止まりでした。
しかしここはトータルで極上の部類のピストン!十分に満足できました。

入り口は府道2号線のこちらです。

峠の途中に目を疑うような車が停まっていました!
私が小学生の頃に発売された「隣の車が小さく見えま〜す!」とのキャッチコピーで人気を博し、今日までTOYOTAの屋台骨を支えているあの初代◯◯ー◯です。
流石にフェンダーの一部は腐食していましたが、塗装面やモールなどのメッキ部はピカピカ!
しかも驚くことにこの車は普段使いされているようなんですよね。
そしてナンバーはおそらくワンオーナーの証でしょう。


とんでもなく面白いピストンの発見と、名車との遭遇でコーフン気味だったのか、予定していた残りのうちの1本をすっ飛ばしてしまいました。
さらに最後の1本は手前で崩落によって入り口にすら辿り着けず・・・


ハズレもいくつかありましたが、それでも楽しい探索の一日でした!
さ〜て、来週は近畿にも桜の季節がやって来ますね、まずはどこに行こうか・・・




バイク(オフロード)ランキング