苦楽園オフロード雑記帳

兵庫・京都・鳥取・岡山の自然と林道をオフロードバイクで楽しんでいます。乗れない時など、時どき料理ネタも入ります。

Happy go Lucky!

HONDA CRF250L & CRF1000Lのツーリングがメインのブログです。
たまに猫と料理の話題もあるかも・・・

ちょっぴりドキドキ女子ツー・Produced by K 7/17 板井原・恩原高原


私、常々申しておりますが、基本ソロライダーと自認しております。
そして野郎共とのグループツーリングは月イチ程度と公言しています。
しかーし、先週に続いて両手に花状態で走っているのは何故か⁉️
そりゃあもう、男としてご要望があれば二つ返事でOKするのは当然のことでしょ。
原則ツーリング参加者にはパンク修理の道具持参と技術はマストであるとしていますが、そんなモン当然免除ですぜ。


てな訳で、今日は3人の家からちょうど中間地点でもある鳥取県用瀬(もちがせ)で待ち合わせですが、予定より早く着いてしまいそうなので、手前の智頭宿を散策しようとすると・・


ふむ、舗装林道のようですが行ってみましょう。

朝靄が残っていますが、途中木立の間から景色はまずまず。
車道の終わりには綺麗な芝居広場があり、そこから先は登山道。
頂上からは日本海も見渡すこともできるそうです。
案内板にある千本桜というのも気になりますね。


姿もカッコイイ篭山や那岐山の風景も見ることができて、朝から小さいラッキーを拾った気分でした。

今日の待ち合わせ時間は10時。
野郎共の場合は強制的に早めに集合ですが、この辺りもゆるゆるでご要望次第であります。

                                                       Photographer mu_gi_coo


最初の目的地は甌穴(ググってね)が珍しい赤波渓谷。

苔の美しさにも目を見張ります。

逞しいブナの根元にも。

                                                                                                                                                

                               Potographer YUKA 


むぎこさんがなにやら水中に手を入れているので尋ねたら、何と防水のコンデジで水中撮影をしていました。
以前に防水ではないカメラをぶら下げていたら、霧の中を走っただけで壊れてしまったので変えたそうです。
前回も知らぬうちに走行写真を撮ってくれていたのでびっくりしたのですが、ぶら下げてあるのを片手でサッと操っているという見事なワザ。


カメラのことや野鳥のことなど色々と学ぶところが多い人で、このグループ内では長女役と言えるでしょう。
何かと細やかな気遣いにも溢れた人です。

こちらがその「甌穴」ですね。
水の力で浸食された奇岩が並んでいます。

数カ所ある道沿いのスペースには桜と楓が植えられて、春と秋にはより一層の美しさで楽しませてくれます。

舗装路と並行して流れる渓流の中では、私の知る限りベストな部類であると言えるでしょう。

次の目的地は限界集落と言われる「板井原地区」、こちらは公民館。

日本の原風景がここにあります。

                                                                                                                Potographer YUKA
こちらは移住されて来た方が経営されている古民家カフェ。
水曜定休なので、残念ながらまだ一度も入れたことはありません。

多分もう住人の方はいないであろう古民家。
窓をアルミサッシに変えていないと、こんなにも風情があるものですね。
ガラスもきっと相当古いものに間違いありません。
こんな家に移住できたら・・・との思いはさらに募ります。

蔵は扉まで土で作られています。
蝶番が錆びついているので動きませんが、先人たちの技術や知識、そして努力のほどが伺い知れます。

さて、稀に見るような美しい自然と、古き良き日本の風景を楽しんだ後はオフロード走行でっせ!

                                            Photographer mu_gi_coo


YUKAさんの今日の課題はスタンディングを覚えることだそうです。
この人の素直さと吸収力の良さには驚かせれます。
だからこそ、こちらが持っている情報や知識を惜しみもなく伝えてあげたくなるのですよね。
ほんのりした雰囲気で、グループ内ではまさに次女役。


ちなみに私は二人のサポート、案内役に徹しております。
そんなの面倒臭くないかって?・・いえいえ、喜んでもらえればこちらも大満足!
なにを隠そう、私はホテルスクール卒ですので、クリステルさんが「お・も・て・な・し」と言われるずっと前からその精神は叩き込まれております。
ドMかよっ、ていう人もいますがね・・・

フラットで気持ちの良いダートを進み、あともう少しで抜けられるというところで・・・

                                                                                                                Potographer YUKA
倒木が現れました。
まあこのくらいは朝飯前と、ササっと処理して男を?上げましたが、すぐにまた500mほどで大崩落!
諦めて舗装ルートで戻ります。

杉森地区にあるこの廃屋は、まだ良い状態で残っています。
かなり大きな建物で、昔は養蚕も盛んに行われていたのでしょう。
それにしても、昔の大工さんの腕前って凄いですね!


午前の部を終了し、そこから一気に西へとワープして向かった先は恩原高原。
ヒルクライムにチャレンジをしてもらって、ランチポイントに到着します。

YUKAさんも、むぎこさんもなにやら悲鳴をあげながらも無事にクリア!

ちょいと並びが悪い画像でしたが・・・

私の引き出しの中で、三本指に入るこの絶景の中で昼食を摂ります。
前回は私の痛恨の確認ミスでひもじい思いをさせてしまいましたが、今回は打ち合わせもバッチリです。

ご飯を食べている時も「下りは大丈夫かなぁ・・・」って盛んに心配をしていたYUKAさんですが、この人やる時にゃやるお人です。

「どうしても怖かったら代走しますよ〜」とは言っていますが、変な甘えをしてこないところも立派です。

もちろんベテランむぎこさんは余裕での走り!

                            Photographer mu_gi_coo



                               Potographer YUKA
私も撮ってもらいましたが、アップにするとデレデレの表情ですわ。


さて、2本目はスーパーフラット恩原高原林道(勝手につけた名前です)


心配された天気も上々!

足腰を鍛えている YUKAさんは、スタンディングを長く続けても問題無いようですね。

                  Potographer mu_gi_coo

気持ち良く走り終わり、素晴らしく整備されたキャンプ場でトイレをお借りします。


皆さ〜ん、女子同伴の場合はちゃーんとトイレの気遣いを忘れずに!
ま、Ma◯◯◯◯さんとかMi◯◯◯さんのようなゲロダーにも平気で従いて行く林道女子は、いつの間にやら姿を消して何食わぬ顔をしている特技もありますが・・・

3本目は平作原遠藤林道(これも勝手につけた名称です)

                            Potographer mu_gi_coo


景色の良い展望が開けた場所はありませんが、ほどほどの良さに溢れた林道です。
ここでは先日に続いて、可愛い野ウサギが姿を現しました。


                Potographer mu_gi_coo


一旦482号線に戻ってから、最後は小径を抜けると・・・

こんな場所で愛を語らってみたいでものすが、姉妹でなにやらお話中。

さてさて、本日のメニューはお気に召していただけたでしょうか?
その答えは・・・・








タイミングを合わせるのに少し苦労をしましたが、こんな写真で推し量っていただきましょう💕
「またどこか行きたいところありますか?」と尋ねると・・・
「こんな感じの、ちょっぴりドキドキがいい❗️」とのご要望。
はい、もちろんロマンスではなく、アドベンチャーのことであります🙋🏻‍♂️


また次回、お楽しみに〜‼️


女性会員随時募集中です💁🏻‍♂️


❇️むぎこさんのブログ❇️  感性とフォトスキルが違うと、こんな素敵になります❣️
   ⬇️⬇️⬇️


爽やかハーフデイ・ロングフラット3本プラスα 7/15 丹波・多可

この三連休は雨に祟られたケースが多かったと思いますが、関西も今日15日にやっと晴れ間が出てきました。
私は昨日と今日の二連休ですが、次の水曜日に大切な約束が入ったので、今日はいつもの半分くらいにしておこうと思っています。

しかし、スタート地点の粟鹿山に入るとご覧のような濃霧です。
そもそも地形的にこの辺りは霧や時雨がとても多く、雲が低ければ素晴らしい雲海が見られる場所ですが、今日は全く見晴らしはありません。
それでも程よく降った雨のおかげで、路面コンディションは過去最高と言ってもイイくらい‼️
いつもならば景色を眺めたり、写真を撮ったりするのでストップ&ゴーが多いのですが、今日はノンストップで気持ちよく走ります。

出口から黒川ダム周辺では小雨も混じり、雨具を着て走ることに・・

黒川新田の入り口付近まで来ると、流石に標高も低くなり霧も晴れました。

こちらの川沿いの区間、以前は水たまりが多かったですが、昨年の伐採作業のおかげで路面がフラットになって拍子抜けするほどです。

記念碑から眺めるあの作業道は、どこから入れるのでしょうか?


ふるさと村から367号線を越知に向かって行く途中、初めて入る場所です。
この手前で4人組のオフローダーとすれ違いましたが、みんな満を持して走っているのでしょうね。

最近は林道が表示されなくなったので、Googleから見つけ出すのは至難の技になりましたね。

おや、思っていたよりも良さそうです。

景色もまずまず・・・

路面は程よいグリーンカーペット。

3kmほど進むと小さな滝とこの表示。

スパッと行き止まり!
こういう終わり方だと未練が無くてありがたいものです。
大きなドラマはありませんが、なんか走り足りないな〜なんて時にはオマケとして良いでしょう。

バラスの多い千ケ峰も今日はグッドコンディション!
中間地点での伐採作業はまだ行われていました。(今日はお休みでしたが)

下り切る手前でKTMの1台とすれ違います。
一瞬、tohooさんかなと思いましたが、マシンが違いました。
出口で停まっていると、その方が引き返して来られて「あの〜大変失礼ですが、もしかして苦楽園さんでしょうか?」とおっしゃいます。
拙ブログを読んでいただいているそうで、お会いできたことをとても喜んでいただけました。
もちろん、そう言っていただけることは私にとってもとても嬉しいことであります。
さらにLINEを交換すると、以前からフェイスブックなどではお馴染みの方でもありました。
なんでも長いことXR600をお乗りになっていらしたそうで、昨年頃からKTM450excに乗り換えられたとのことで、私などよりずっと上級者でしょうが、次回はぜひご一緒に・・・とお約束をしてお別れました。

多可に来れば優先順位はやっぱりここ・・・なのですが、今日もまた空振り💧
貸切、臨時休業が多いお店なので仕方ありません。


すぐさまプランBに変更しようとナビをセットしていると、見覚えのあるAJPに乗ったライダーが手を振って通りすぎて行きます・・・
え、あれひじりさんちゃうの?でも独りみたいだし、そっくりさんの別人???


と悩んでいるとツイッターで「先ほどすれ違いましたね・・・・」と、やっぱりそうだったんだ!
なにやらこの先のイベントに向けての準備がてら走っていたようです。

10kmほど走って到着したのは西脇ハンバーガーのお店。

西脇ローストビーフ提供店。
道の駅・北はりまエコミュージアムの一角で営業しています。
大阪の食堂で修行積んだ女性オーナーがUターンして開店、特産黒田庄和牛を使ったオリジナル・パテ、ローストビーフのハンバーガーを提供しています。
ローストビーフと様々な野菜をたっぷり挟んで、女性オーナーらしく優しい味わいです。
(実は先日、お仲間のゴム吉さんに偵察をしておいてもらいましたが、報告に偽りなしです)

西脇から三田に向かう途中、ちょっと素敵な空間がありました。

マキノのメタセコイヤ?程ではありませんが、絵になる道です。

水田の稲はすくすくと成長して風になびいています。
私的にはこの時期の稲田の風景が一年で最も好きです。


2時過ぎには早々と帰宅でプラン通り。
さてさて、あさって水曜日は天気に恵まれるのでしょうか?
晴れてくれればきっと楽しい時間が過ごせそうです・・・




はじめましてツーリング M.Y.K 7/10 氷ノ山


先月のとある日曜日、岡山の恩原高原を訪れている時、ツイ友のYUKAさんが偶然同じ場所に来ているとのことを知りました!
この方とはこれまでも行動範囲がとても似通っていて、何度かニアミスを繰り返していましたが、この時も結局僅かな差でお会いできず。


そしてそのYUKAさんがずっとフォローをしていたむぎこさんは素敵なブログを書かれている、ベテランのオフローダー!

さらに野鳥観察とカメラが趣味の大変アクティブな方なのですが、なんと後からツイッターでやはりすぐ近くの岩井滝に、同じくらいの時刻に来られていたことを知りました!!



そのことをおふたりに伝えると、「それならばぜひ今度一緒に走りましょう!」と意見が一致。
そして梅雨の真っ只中にも関わらず、奇跡の出会い(大袈裟か!)が実現したわけであります。

いや〜晴れましたね☀️
10日前からずっと天気予報を見ては、一喜一憂していました。

むぎこさんは岡山からの遠征です。
女性でWRに乗られるとはカッコイイでしょう!

YUKAさんとは、おじろん温泉で待ち合わせ。
以前からREBLE500にお乗りですが、最近CRF250Lを購入されたオフロードビギナーです。
それでもプロテクターなど装備はきっちりと備えているし、心構えは立派なものです。

まずはすぐ近くの要滝&三段滝へ。

我々3人の共通点は自然が大好きなこと。
今日は但馬の美しい自然を思いっきり楽しんでもらいましょう。

久須部渓谷は滑らかな岩肌が特徴で、おふたりともキャニオニング(沢下り)がしたいと意見が合致。
もちろん私も以前から思っていましたよ、思った通りに価値観がバッチリと合うトリオのようです。

「うへの山の棚田」はUENO-YAMAと読むのが正しいのです。
(私はずっとUHENO-YAMAかと思っていましたが)

吉滝は裏側からも楽しめる「裏見の滝」。
よく誰かに「うらみの滝」があるよ、というと「恨みの滝」かと思うらしく、みんなドキッとした顔になります。

本当に美しい苔むした渓流。
山ビルは怖いですが、マイナスイオンをたっぷりと補給しました。

とちのき村から野間林道へ。
ここは瀞川氷ノ山林道に合流する少し手前の「イヌワシ撮影ポイント」。

秋岡地区の雄大な景色が広がりますが、高所恐怖症の人にはちょっと怖いかも。

鉢伏高原から少し下り「別宮の棚田」

そしてとっておきの場所へ・・・「さあ、じゃあここでお昼にしましょうか?」と言うとなぜかお二人の顔が一瞬こわばるではありませんか!?


なんと「ご飯買ってな〜い!」と揃って合唱・・・
すみません🙇🏻‍♂️勝手に判断して、すっかり用意されているとばかり思っていました。
ちゃんと確認すれば良かったのですけどね〜。
で、どうしたかって?お互い持ち合わせたお土産やおやつなどでなんとかごまかしました💧

その後、福定からやまめ茶屋の向けての氷ノ山林道を、YUKAさんのトレーニングも兼ねて一気に走破!
これまでも何ヶ所かは大丈夫かな〜、というシーンもあったのですが、見事に無転倒、ノントラブル。
バレーボールで鍛えた身体能力が、オフロードバイクにも活かされているようですね。

やまめ茶屋の手前の川原で最後の休憩。
冷たい渓流に足を冷やして、リラックスのむぎこさんです。
足元には渓流魚の稚魚がたくさん泳いでいました。


こうして待ち遠しかった一日はあっという間に終了。
お昼ご飯の一件を除けば、雨にも降られず、お互い初対面とは思えない楽しい時間でした。
今日は一日ありがとうございました。
ぜひまたご一緒しましょうね‼️





さらりと近場をお散歩ツーリング 7/7 三田・篠山

どうも一昨日の夜に軽い寝冷え(子供か!)をしてしまったみたいで、昨日からほんの少し鼻風邪気味。
今日はのんびりとスタートして、軽く走ることにしました。
それに10日の水曜日には私的一大イベントが控えていることだし・・・

どこへ行こうかとも決めずに、とりあえず気の向くままに篠山方面に向かいます。
途中、山寺で見頃のアジサイがきれいでした。
ちょうど天台宗のお寺だったのでお参りも。

何となくたどり着いたのは篠山四斗谷林道。
エントリー手前でKLXに乗られている方とすれ違いました。
こんなところで他のオフローダーと出会うのは珍しいことです。

それほど長くはないですが、ループでのルートも取れるので3周ほど遊んできました。
展望の良いのはほぼ一箇所だけですが、やっぱり遠くの山々が見通せるのは気持ちが良いです。

小さなため池ですが、水辺は釣り人のサガで素通りできません。


トライアングル林道で今日も丸太越えをして過ぎると、友人のよっしーから何やらラインが入っていました。

15分くらいで着く場所だったので駆けつけました。

彼のCRF はリコールのため現在入院中。
今日はもう一つの趣味の写真撮影で、先日格安で手に入れたレトロなカメラのテストもかねてだそうです。


しばし池を眺めながらおしゃべりをしていましたが、かなり魚影が濃く、私には見えなかったのですが対岸にカワセミも現れていたようです。


15分くらいの間でしたが2組のオフローダーも目の前を通過。
ここもすっかりと修復されたビギナー向けのダートなので、雰囲気を楽しむには良いところです。


その後別れて、いつもの公園でランチと昼寝。
乗り始めはどうもしっくりこなかったのですが、この頃にはすっかりと回復して普段通りになりました。
今日は停まると少し暑いですが、走っていればちょうど心地良いほどの良い天気でした。


近年、すっかりと数が減ったように思っていた赤トンボが乱舞しています。
池では牛カエルの鳴き声、家に帰った夕暮れ時にはヒグラシ蝉の鳴き声も聞こえていました。
季節はどんどん進んでいますね。

里山のあぜ道を抜けて帰ります。
林道はわずか2本だけですが、それでも十分満足、たまにはこんな休日もいいもんです。





乗れない休日は料理で楽しむのだ!「カッチュッコ」

遅れに遅れていた関西の梅雨入りも遂に訪れ、この週末は完全に雨模様。
きっと悶々としているオフローダーは多いでしょうが、地域のよってはまた大きな被害が出そうなことが気がかりです。
こんな青空が見られるのはいつになることでしょう・・

日曜日は朝から深い霧に包まれて不快感はマックス!
昨日からとうとう稼働し始めたエアコンに除湿してもらって、楽しい料理に励みましょ。


今日は魚介類のトマト煮、イタリア料理の「Cacciucco カッチュッコ」です。
違いは多少ありますが、フランス料理のブイヤベースといえばピンとくる方も多いでしょう。

元々は漁師があまり商品にならないものをごった煮したのが始まりとされていますが、日本だったら五目釣りではお馴染みのガシラ(カサゴ)とか、これから旬のイイダコ。
それにシャコとかちょっと贅沢?をしてムール貝などを入れるとそれらしくなります。
余談ですが、以前に作った時に貰い物の小ぶりな伊勢エビを入れた時は、素晴らしいダシが出て美味しかったです。
それはともかく、基本的には1,2種類の魚、甲殻類、イカタコ類などで組み合わせます。

香り付けの野菜はまずニンニクと玉ねぎで、これをミジン切りします。


冷凍庫にセロリの端があったので、それも混ぜてしまいましょう。
それ以外、イタリアンパセリのミジン切りも用意します。
(乾燥でも可)

鯛、タコ、イカはブツ切りします。

鍋にオリーブオイルとミジン切り、そして赤唐辛子を入れて炒めます。

キツネ色になったらタマネギ、セロリ、イタリアンパセリを入れて炒めます。

タマネギ、セロリが透き通ってきたらタコとイカを投入。

火が通ったら赤ワインをドバドバと・・・
えっ、魚介類ならば白じゃないの?って思うかもしれませんが、この料理は赤が基本です。

アルコール分が飛んだら、サザエを投入して・・・

トマトの水煮(今回はダイスカットを使用)を加えます。

以前にハマチをたくさんもらった時に作っておいた冷凍ブロード(魚のだし汁)も追加します。

蓋をして約20分、その間に鯛にさっと塩をふって、軽く焼き上げます。

生のまま入れても問題はないですが、ひと手間かけることによって味と香りが良くなるでしょう・・・たぶん。

これでまた弱火で15分。
和食もそうでしょうが、煮魚にあまり時間をかける必要はありません。

最後にアサリを入れて、パカンと蓋が開いたら完成です。
貝類は熱を加え過ぎると身が縮んで硬くなってしまうので一番最後に入れ、食べるまで時間があるのならば一旦取り出して温め直す時に再び入れます。


皿に添えるのはガーリックトース、本来は下に敷いて上から具材とスープをかけて食べます。。
店によってはおろしニンニクをバターのように塗るところもありますが、あれは本来のものではありません。
ニンニクを生の塊のまま、表面を数回擦ればちょうどヤスリ状になっているので程よく香り付けができますよ。
単独で食べるのならば、それにオリーブオイルをつければなお良しです。

はい、出来上がり!
仕上げに香りの良いエキストラバージンオイルをかけます。
スープが具材に隠れて見えませんが、パンに浸して食べるともう・・・


以前に聞いた話ですが、イタリア人は魚介類を食べると精がつくと信じているそうです。
日本人だと鰻を食べればやはりそうですが、白身魚でも赤身魚でも同じだそうなので、こんな料理を食べていると「おい、今夜は何か良いことでもあるのか?」な〜んて言われるそうですよ。
ワタシ?いや、トンとそんな艶っぽい話はございませんが・・・


来週は乗れるかな〜?

えっ、マジか⁉️🤣